SDGsとは何か?~SDGsの成り立ちと歴史を探る~



SDGsとは、2015年に国連サミットで採択された、

2030年までに、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

 

そこで、SDGsが採択されるまでの歴史をご紹介します。

 

<1990年代>

主要な国際会議で、国際開発目標が採択

 

<2000年9月>

ニューヨークで開催された、国連ミレニアム・サミットにて

「国際ミレニアム宣言」が採択

 

<2001年>

上記二つを統合し、

人間の尊厳を奪う貧困へのグローバルな取り組みとして、

国連で専門家間の議論を経て

MDGs(Millennium Development Goals)がスタート

達成すべき具体的な数値目標を持ち、2015年を目標達成期限とする。

(これがSDGsの前身となります。)

 

MDGs

~MDGsの8つの目標~

極度の貧困と飢餓への対策、致命的な病気予防、

すべての子どもへの初等教育普及を始めとする

開発優先課題に関し、普遍的な合意に基づく測定可能な目標

1:極度の貧困と飢餓の撲滅

2:初等教育の完全普及の達成

3:ジェンダー平等推進と女性の地位向上

4:乳幼児死亡率の削減

5:妊産婦の健康の改善

6:HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止

7:環境の持続可能性確保

8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進

外務省ホームページより)

 

~成果~

  • 10億人以上が極度の貧困を脱した(1990年以来)。
  • 子どもの死亡率は半分以下に減少(1990年以来)。
  • 学校に通えない子どもの数は半分以下に減少(1990年以来)。
  • HIV/エイズ感染件数は40%近く減少(2000年以来)

 

<2012年>

リオデジャネイロで開催された

国連持続可能な開発会議(リオ+20)で議論が開始。

今日の世界が直面する、さらに喫緊のいくつかの課題に

取り組むための力強い誓約として

2015年9月に国連にて193か国全会一致で

SDGs(Sustainable Development Goals)採択。

2016年から2030年までに達成すべき

17のゴールと169のターゲットで構成。

(SDGs詳しくはこちら

 

~SDGsの目的~

2030年を年限とし

地球上の「誰一人取り残さない」

持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現。

国連開発計画 駐日代表事務所より

 

参考:(パリ協定・仙台防災枠組)

SDGsと時を同じくして、2015年にはCOP21パリ気候会議で、

もうひとつの歴史的な合意「パリ協定(外務省HP)が成立

(温室効果ガス排出削減等のための新たな国際枠組み)

 

2015年3月の第3回国連防災世界会議に日本で署名された

仙台防災枠組」(仙台公式HP)とともに、

これらの合意は、炭素排出量を削減し、

気候変動と自然災害のリスクを管理し、

危機後に復旧を越える発展を遂げるため、

一連の共通の基準と達成可能なターゲットを定めている。

 

SDGs関連ブログ

①貧困をなくそう

②飢餓をゼロに

③すべての人に健康と福祉を

質の高い教育をみんなに

⑤ジェンダー平等を実現しようpart1

⑤ジェンダー平等を実現しようpart2

⑥安全な水とトイレを世界中に

⑦エネルギーをみんなにそしてクリーンに

⑧働きがいも経済成長も

 ⑨産業と技術革新の基盤をつくろう

⑩人や国の不平等を無くそう

⑪住み続けられる街づくりを

 

 

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

  また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------