SDGsとは何か?~⑤ジェンダー平等を実現しよう~part1



こんにちは、広報の山口です。

 

今回もSDGsシリーズをお届けします✍

今回は5番目の目標ジェンダー平等を実現しようですが、

情報が山盛りなのでpart1とpart2に分けてお届けします📩

 

2019年にSDGs(持続可能な開発目標)の

達成度ランキングの途中経過が発表されました。

さて日本は何位だったのでしょう?

 

正解は、、、162ヵ国中なんと15位!

 

これは素晴らしい結果です🎉

SDGsの認知度がもっと上がれば

日本からSDGsを広げていけるかもしれません‼🌎

 

しかしまだまだ15位。

理由知りたくないですか??

原因を探ってみましょう!

 

<日本のSDGs細かい評価項目>

(世界のSDGs達成ランキング、日本は15位昨年と変わらず

赤:最大の課題

オレンジ:重要課題

黄:課題が残っている

緑:SDGsが達成できている

 

お😲!前回紹介した質の高い教育をみんなに”が緑色です!

うれしい!

でも、赤、オレンジ色はまだまだあります。

この表がすべて緑色になったらとっても嬉しいですよね🎉

今回ご紹介するジェンダー平等も問題は山積み。

私たちができることはたくさんあるはず!

ではでは早速、見ていきましょう!

ジェンダー平等

各国の男女格差を測る国際指数である

”ジェンダー指数”において日本は

114位!😲(2017年)

 

1位のアイスランドと比べると”政治参画”が低いことが目立ちます。

女性議員を比べてみても

アイスランドは48%なのに対して

日本はわずか10%なのです。

男女平等とアイスランド

(未来を変える目標SDGsアイディアブック 編者 一般社団法人Think the Earth)

これらの理由には

・そもそも女性候補者が少ない

「夫は働き、妻は家庭を守る」、「政治は男性のもの」という意識がある

自民党政権は長年にわたって、女性の平等や自由な働き方に反対してきた

などの理由があります。

それにしてもあまりにも割合が低いことに驚きました😲

政治は私たちに直接関係ない?

いえいえ。

女性の社会進出の手助けするためには

一人一人の意識を変えていくことが大切です。

 

経済の部門での男女格差を比べてみても

アイスランド 0.793点

日本     0.595点

※1に近いほど男女格差が低い

(世界における日本の男女参画~ジェンダー・ギャップ(男女平等)指数ランキング2018)

 

このようにビジネスにおいても男女格差は存在しています。

しかし女性の有職率は増加傾向にあることも事実!

 

もっともっと働きやすい職場が増えると

女性も活躍の幅を広げていけます✨

 

女性の社会進出に伴い、

母親の有職率も増加傾向にあります。

(厚生労働省「末子の年齢階級別にみた母の仕事の状況 」)

 

平成29年に初めて働く母親が70%を超えました。

出産後も「働きたい」と考える女性にとっては

徐々に環境が整ってきているということでしょうか!

とっても嬉しいことです😊

 

私も将来はバリバリと働きたいと思っているので、

就職する企業を調べるにあたっては、

育休の制度など福利厚生が良い会社を探しています。

「どの会社も当たり前のように男女平等の制度があればいいのにな💭」

と思います🌈

 

母親の社会進出が増えているということは、

共働き世帯も増えるということ。

 

共働きが増えるということは

家に親がいる時間が減るということになりますが

家事や育児は夫婦で分担しているのでしょうか?

 

気になりますよね~🤔

いや、この機会にぜひ考えていただきたい!

次回part2ではこの「家事・育児分担問題」の解決方法の1つをご紹介します!

一人でも多くの人がジェンダー平等について考える機会になれば嬉しいです🌈

最後までお読みいただきありがとうございます😊

 

SDGs関連ブログはこちら👉

①貧困をなくそう

②飢餓をゼロに

③すべての人に健康と福祉を

質の高い教育をみんなに

⑤ジェンダー平等を実現しようpart2

⑥安全な水とトイレを世界中に

⑦エネルギーをみんなにそしてクリーンに

⑧働きがいも経済成長も

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

  また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------