Menu

参加者からの「生の声」をお届け!【サルパレポート⑤】

0 Comment


広報の山本です。

2019年8月18日に開催した
ロスゼロ主催・サルベージ・パーティーのレポート第5弾です!

最後のレポートでは、
サルパに参加してくださったみなさまの声をご紹介します。

どんな思いでサルパに参加したのか、
そして、参加してみての感想など

是非とも参加者の「生の声」を聞いてみてください!

 

 

<Yさま>

ロスゼロ主催 サルベージ・パーティに参加してきました❣️

サルベージ・パーティって何?そこから始まった今回の参加。

主催の文 美月さんは賞味期限ギリギリの食品ロスにスポットを当て

作り手良し、売手良し、買い手良しの仕組みをロスゼロと称して活動している

勿論その活動の一環であることは想像できた。

・・・

みんなが打ち合わせもなく持ち寄ったものはどう組み合わせたら何が出来るのか

全く想像もつかない食材がいっぱい、それが、シェフの魔法の手にかかると

見る見る間にレシピを目盛りたくなるご馳走が生み出される。

この偶然性と想像力を駆使して出来上がる空間が楽しくてたまらない。

私の五感がゾクゾクするほど満たされる。

・・・

学校でも食品ロスについて活動しているノートルダムの女子高生と

ワイワイいいながら一緒に作る。

普段接することのない業種や世代を超えて学び合い、同じ釜の飯を分かち合う幸せ

また、機会があれば是非参加したいと思った。

 

 

<Uさま>

今日はロスゼロ主催のサルベージ・パーティに参加して来ました。

今回はノートルダム女子学院高等学校の

「Mirai ミール」というグループの皆さんともご一緒させていただきました。

・・・

こうして若い人達がフードロスに意識を向けて動き出していることを知ると、

心強さと共に親世代の自分達も改めてフードロスについて見直す機会を与えてもらいました。

そして、参加者の皆さんが持ち寄った余り物食材が、今回も見事なお料理となって次々に完成!

・・・

シェフの松本琴美さんの手にかかれば、どんな食材も

美味しく優しいお料理になってお腹も心も満たされます。

調理中に教えてくださるレシピを見ながら、

これまで持て余していた食材も次は大丈夫だ!と安心(笑)

自分では思い付かない調理法も、こうしてプロに学ぶ機会があると本当に有難いですね。

家庭で持て余した食材を上手く使って美味しくいただく。

サルベージ・パーティで楽しく学ぶことが一人一人の「ロスを減らす意識」と自然に結び付いて行けば、いつかそれが数字の変化に繋がる要素のひとつになると信じています。

・・・

 

 

まさに、美味しく&楽しく食品ロスについて
学べるサルパの魅力をみなさまと共有でき

ロスゼロとしても本当に嬉しく思います。

 

これからも、気負いせず楽しく食品ロスと向き合える
そんな機会をたくさん作っていけるよう

ロスゼロはさらに頑張っていきたいと思います!

 

食品ロスって何だろう?女子高校生も発表!【サルパレポート①】

集まる食材にはこんな特徴があった!【サルパレポート②】

40品の食材が大変身!【サルパレポート③】

1回のサルパで削減した食品ロスの総量は!?【サルパレポート④】

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<お知らせ>
規格外野菜で作るランチを食べよう!
ロスゼロ食堂  2019年10月6日(日) 11:00~(予定)

※詳細は後日お知らせいたします。

10月は食品ロス週刊です!
是非ロスゼロと一緒に美味しく&楽しく食品ロスについて考えてみませんか?