Menu

環境に優しい!食べるカップ・エコプレッソ

0 Comment


ロスゼロの戦う広報・山本です。

 

突然ですが、

みなさんは「エコプレッソ」という名前を聞いたことがありますか?

 

「ん?エスプレッソ?」

いえ、違います。

 

エ・コ・プレッソ。です。

 

「ああ、エコプレッソね、知ってるよ~ 。

今、バズってるやつでしょ!?」

 

よくご存じで。

そうなんです、

「エ コ プレッソ」とは、大阪天満橋にある

R・J」さんというカフェが発案した、

今、若者を中心に大ヒットしているお菓子なのです。
(運営:テンセンス株式会社)

 

では、どんなものなのか。

それがこちら!

 

すごいですよね!!

エコプレッソとは、クッキーでできたカップなのです!

 

ということは、どういうことか。

そうです、カップごと食べることができるのです!

 

エコプレッソは通常のカップと同様、

中に飲み物やアイスなどを入れることができます。

 

しかし、カップがクッキーでできているので

中身を飲み終えた後、そのままカップも美味しくいただけるのです。

洗剤を使ってカップを洗う必要もなく、ゴミがでる心配もない。

環境にも優しいのが、このエコプレッソ。

 

もともと、エプレッソ好きの店主が

日本でもエプレッソをもっと多くの方に飲んでほしいと思い

「カップをクッキーにしたら飲んでくれるのでは?」と

考案されたアイデアなのだそう。

 

まさに「エコ」な「エスプレッソ用カップ」と言うことで

「エコプレッソ」という名前になっているのです。

 

最近では、中にエスプレッソを入れるだけでなく、

色々な飲み方・食べ方、楽しみ方を提案されています。

 

インスタでバズっているのがこちら

最近では、ロフトの店舗や通販、

プラザ(PLAZA)の一部店舗で販売もされていたそうです!(現在取り扱いはなし)

さらに、名古屋や東京、海外進出も、、、!!

 

まさに現在、躍進を続けているエコプレッソ。

 

しかしですよ、

なぜここで、こんな話をしているかと言いますと、、、、

 

実は実は!

ロスゼロでは只今

【ロスゼロ版エコプレッソ】を絶賛開発中なのです!!

 

R・J(テンセンス)さんはエコプレッソの普及にも力を入れており、

そんな中、

テンセンスの林真智子社長が弊社代表の文美月と友人で(!)

しかも環境への負担や食品ロスを考える上で両社の考えが近いことから、

ロスゼロでもエコプレッソを開発させていただくことになったのです!

 

エコスイーツの開発ができるなんて、ロスゼロとしては嬉しすぎる!

ロスゼロの文字入りも、試しにつくってくださいました。

 

 

と言うことで、ロスゼロでもテンセンスさんから機械をお借りし、

早速、試作品を作ってみることに!

 

エコプレッソはこの機械 ↓ に生地を入れ

ぎゅ~とプレスすることでカップの形に焼き固めます。

 

ロスゼロなかまのたかろぉさんがパティシエをかって出てくれ、

待つこと数日、

 

作ってきました!と袋から取り出された

ロスゼロエコプレッソ第1号がこちら!

 

 

あら、あららら、、、、

、、、、たかろぉさんが少しかじっちゃったのかな

 

たかろぉさんの格闘レポートはこちら

 

まだまだ格闘中ですが

多くの人に知ってもらいたい!と思い立ち、

なんと先月開催したサルベージ・パーティーでお披露目会も行ったのです!

 

サルパに参加してくれていた高校生も一緒にお手伝いをしてくれたり

みなさんと「こうした方がいいのでは?」と試行錯誤しながら出来上がったものが、、、

 

おお~!!

ちゃんとカップになってる!!

 

ちなみに、こちらはR・Jさんからご提供いただいたものです。

やっぱりきれい、、、

 

参加者のみなさんからも「面白い!」「美味し~い!」と大好評をいただきました!

すべてお腹の中に入っちゃう、究極の食品ロス・スイーツ!!

 

ロスゼロでエコプレッソを購入していただける日がきますように。

 

今後とも

ロスゼロ版エコプレッソの開発にご期待ください!

 

テンセンス株式会社 公式サイト Facebook

makuakeでクラウドファンディングをされた際の想いや概要はこちら

 

----------------------------

ロスゼロは食品加工メーカーで、様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通して、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

食品ロス(フードロス)・食品廃棄の削減をビジネスとして

成立させている独自の取組が評価され、行政機関における

事例としても取り上げられています。

また、ロスゼロはSDGsにも取り組んでいます。

----------------------------