余った「きなこ」で作るひんやり和スイーツ



こんにちは、ライターの篠原です。

 

お盆休みも終わり、今年も残り少なくなってきました。

 

お盆と言えば、ご先祖様をお迎えするため、

「お迎え団子」を手作りされる家庭も多いのではないでしょうか?

 

ちなみに我が家では毎年お迎え団子に「きな粉」を使用します。

きなこは元々大豆から作られており、

タンパク質を多く含み栄養価が高い食品です!

しかし、市販の黄粉を購入すると、1回に使う量は少しだけ。

毎回沢山余ってしまい、使い道に困ってしまいます。

 

そこで今回は毎年余ったきな粉を消費すべく、

よく手作りする「きなこプリン」をご紹介します!

 

 

《材料》

牛乳 200cc

生クリーム 150cc

きなこ 10g

砂糖 40g

黒蜜 お好みの量♡(甘いのが苦手な私は大さじ1杯分程度入れました)

ゼラチン 5g

水 大さじ2

 

 

《作り方》

①ゼラチンを水でふやかす。


②鍋に牛乳と砂糖を入れ火にかけ、沸騰直前まで温める。


③②に③を入れて混ぜ、ゼラチンを完全に溶かす。

・ポイント

余熱でもゼラチンを溶かすことができます。ここでちょっと電気orガスの節約!


④③にきなこ、生クリームを入れてボールに移す。

・ポイント

このときザルで1~2回こすと、滑らかな舌触りのプリンが完成します!


⑤④のボールを氷水にあて、粗熱をとる。


⑥⑤をグラスに移し、冷蔵庫で冷やし固める。(2時間前後で固まると思います)

 

~完成~

 

実は今回ご紹介したこのきなこプリンは

学校の実習先であった福祉施設でも作らせていただき、好評でした!

まだもう少し暑い夏が続きます。

皆さん、ヒンヤリきな粉プリンを食べてもう一踏ん張りしましょう!!