食べ物の「残しま宣言」運動で食品ロスを削減していく「北九州市」



 

こんにちは、学生ライターの篠原です。

 

突然ですが!

 

私は20年間、生まれも育ちも福岡県で、

現在は「北九州市」にある大学へ通っています。

北九州市は福岡県の北部、九州の最北端に位置します。

 

 

そんな北九州市は

海や山といった「自然」が多いことから

豊富な「食材」にも恵まれています。

 

また交通の便も良く、

コロナ禍以前は地元でのお祭りやイベントも開催されており、

とても魅力あふれる住みやすい街です。

 

(プライベートで訪れた高塔山のあじさい畑)

 

(同じくプライベートでドライブに行った若松港のイルミネーション♪)

 

北九州市は工業が栄えていたことから、

高度経済成長期には非常に「公害問題」に苦しんだという過去があります。

 

このことをきっかけに環境問題に関して市民の意識が芽生え、

1997年には日本最大級のエコタウン事業への取り組みを開始しました。

 

そして2011年に国から「環境未来都市」に選定、

2018年には「SDGs未来都市」に選定されました。

 

実際に私も小学生の頃に社会見学で

若松区にあるエコタウンを訪問したことがあることや、

現在大学内の講義の中でもよく

北九州市のSDGsについての取り組みについてお話を聞く機会が多いです。

 

(★高塔山から見た北九州市の夜景★)

 

さまざまな取り組みを行っている中でも

10月は「食品ロス削減月間」であることから

今回は食品ロスに着目し、

北九州市が行っている「残しま宣言」について紹介させていただきます。

 

令和元年の調査結果では

北九州市の家庭からは年間2.6万トン(約61㎏/世帯)

の食品ロスが発生していました。

 

そこで北九州市では、

食べものの「もったいない」をなくすための取り組みとして、

市民や飲食店が簡単に実行できる「残しま宣言」運動を実施しています。

 

食べものの「残しま宣言」運動 – 北九州市 (kitakyushu.lg.jp)

 

 

【残しま宣言】

 

 

外食時には・・・

一.食べ切ることができる量を注文します!


 [食べきれないと思ったら、注文時に少なめにできるか聞いてみましょう。]

 

一.宴会時に食べ切りを声かけします!


 [宴会前に幹事の方は、食べ切りの声かけをしましょう。

また、宴会中も料理の残り具合をみて、皆で声かけしましょう。]

 

一.グループ間で料理をシェアします!


 [皆で料理をシェアして、食べ残しをなくしましょう。]

 

一.食事を楽しむ時間をつくります!


 [宴会や会食時には、開始後30分、終了前10分などは、

席を立たずに料理を楽しく食べる時間を作りましょう。]

 

一.注文した料理は食べ切ります!


 [注文した料理は、しっかり味わって食べ切りましょう。]

 

 

家庭では・・・

一.必要以上に買いすぎません!


 [買い物に行く前に冷蔵庫の中身を確認し、

必要な分だけ買うようにしましょう。]

 

一.買った食材は使い切ります!


 [余った食材は、保管して早めに使い切りましょう。]

 

一.作った料理は食べ切ります!


 [食べられる量だけ作るようにしましょう。]

 

一.生ごみを捨てるときは水を切ります!


 [生ごみの約80%は水分です。

生ごみを捨てる前にしっかりと水を切りましょう。]

 

一.賞味期限と消費期限の違いを理解します!


 [賞味期限と消費期限の意味は違います。正しく理解しましょう。]

 

こちらの記事をチェック→

【消費期限】と【賞味期限】の違い – ロスゼロブログ – 食品ロス (losszero.jp)

 

 

以上が北九州市の掲げる「残しま宣言」です。

どうですか?どれも今日から実践できそうなカンタンなものばかりですよね!

 

他にも市民の食べきりを促進するための

取り組みを行っている飲食店等を

「残しま宣言応援店」として登録しており、

登録店には下記のようなステッカーが目印として貼られています。

 

ぜひコロナ禍が収束したら訪れてみてください!

食べものの「残しま宣言」運動 – 北九州市 (kitakyushu.lg.jp)

 

 

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

  また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------