Menu

「LED関西」にて審査員を務めさせていただきました

0 Comment


代表の文美月です。

 

12月18日、2年ぶりに、女性起業家応援プロジェクト「LED関西」

審査員を務めさせていただきました。

 

以前は、いくつかの場所で審査員をすることがありましたが、

最近は辞退していました。

 

自分が2社目を軌道に乗せるステージなので、

人さまの事業に何を言うのもおこがましくなったからです。

 

今依頼があれば

「自分に納得がいくレベルに達していないので、自分に納得出来たときに

喜んでさせてください」と申し上げています。

謙虚なようでいて超生意気です。

 

と、いいつつも、昨日審査させていただいたのは、

近経局 女性起業家応援プロジェクト「LED関西」の、

セミファイナリスト 32人が、10人のファイナリストを目指すという、非公開のもの。

 

 

LEDは、女性が一歩踏み出すきっかけとしてかつての自分に重なるため、

5年前からメンターを拝命しており、少し特別な存在。

例年ファイナルでコメントを言う役ですが、今年は初めてセミの審査に関わりました。

 

 

5分 × 32人!

みなさん事業・プレゼンを真剣に磨いてこられています。

 

32人分がぶつけてくる数時間、私も頭フル回転しっぱなし。

審査とは別に、32人分の感想と改善点を1人が終わるたびに書きました。

 

 

おそらく、テレビのコメンテーターとして求められるクイックレスポンスは

「超短時間のインプットで気づいたことをすぐアウトプットする」、

こういう場で鍛えられていると思います。

 

審査員の発言をオーディエンス全員が聞くということは、

審査員も評価されているということ。なのでこちらも真剣です。

 

毎日放送ミントでのコメント内容のよし悪しは別として(笑)、

とりあえず慌てることはないです。

 

セミファイナリストのみなさん、お疲れ様でした。

1月24日のファイナルでまたお会いしましょう!