Menu

3010運動で、忘年会・新年会をもっと素敵に楽しくする!

0 Comment


こんにちは、広報の牧です。 

12月も半分が過ぎて、  

年末が近づいてきましたね。  

忙しない季節ですが、  

楽しいこともたくさん! 

 

 年末は忘年会、年始は新年会

という方も多いのではないでしょうか?

 

食べ切れると思っていたのに、 

気がついたら食べきれない 

なんてことありませんか?

 

今日は年末年始の楽しい時間の過ごし方を 

フードロスの視点から  

見てみようと思います(*´◒`*) 

 

今年は

「食品ロスの削減に関する法律」

が10月に施行されるなど、

フードロス削減に対する意識の

広がりが見られた1年でした(*´▽`*)

 

しかし、環境省によれば

日本での食品ロスは

依然として多い(年間643万トン)のです。

中でも外食産業、

とりわけ、宴会の席で

食品ロスが生まれているそうです。

 

宴会の席での食品ロスは、「食べ残し」

これは外食産業では大きな課題です。

 

今回は、食べ残し食ロスを解決してくれるかもしれない 

そんな取り組みをご紹介します!

皆さんは

宴会五か条ってご存じですか?

 

これは

2019年12月~2020年1月にかけて

消費者庁がおこなう

「美味しい食べきり」

全国共同キャンペーンの一つです。

(大阪府公式HPより)

宴会五箇条は以下の5つです↓↓↓

其の一:まずは、適量注文

其の二:幹事さんから「美味しく食べきろう!」の声掛け

其の三:開始30分、終了10分は「食べきりタイム」!

其の四:食べきれない料理は分け合おう

其の五:食べきれなかった分は持ち帰ろう

 

つまり、これは

宴会での料理の食べきりのための

五ヶ条ってことですね!!

 

今回は特に、

其の三:食べきりタイム

について深堀します(^O^)/

其の三は、またの名を

3010運動 というんですね。 

 

3010運動は、  

環境省が推進している  

忘年会、新年会の食品ロス削減  

を目的とした取り組みです(*´∇`*) 

 

どんなものかというと、 

宴会の最初30分と、最後10分 

みんなでご飯を食べる時間 を設ける 

というものです。

もちろん、

頼みすぎは禁物です((+_+))

1年間頑張った皆さんの、息抜きの場ですから、  

いろんな人と話したり、  話に花が咲いて

席から離れる時間が長くなる 

なんてことも多い宴会の席。  

 

みんなでご飯を食べることに集中する時間は 

たしかに、食べ残しを減らすということに  

つながっていきそうですね(*´∇`*)  

この運動のポップは 

環境省のHPからダウンロードできる

というのも手軽に参加できていいですね!

 

そして調べてみると、

地域性が出ていることに気が付きました( *´艸`)

例えば、秋田県

「其の二」が 秋田のお酒で乾杯!になっています。

確かに秋田は米どころ。日本酒が美味しい地域です。

地域の食品を大切にしながら、食ロスを促進する!

素晴らしい!!

 

北海道では、

「其の五」が ごみと身体のダイエットを心がけよう!

になっています。(*´Д`)/

確かにこの二つはダイエット必須です!!!

 

より多くの人に受け入れられるように、

それぞれの自治体が

工夫を凝らしているのが伝わってきますね。

立つ鳥跡を濁さず

なんて言葉もありますよね。

 

楽しい時間を過ごしたら、

お皿の上がピカピカで

お店を後にできるといいですね!

 

最後まで読んでいただいた皆さん

ありがとうございました!