Table For Twoについて



 

こんにちは。学生インターンの高井です。

私は食に関することに関心があり、サークル活動でも食に関わっています。

今回は私が活動してきた中で感じたことをお伝えしたいと思います。

 

Table For Twoとは?

 

Table For Twoという活動をご存知でしょうか。

これは先進国の肥満問題と途上国の飢餓問題を

同時に解決することを目的とした活動です。

世界の人口約75億人のうち、

約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、

20億人近くが肥満など「食」に関連する問題を抱えられているといわれています。

 

国際支援と聞くと、ちょっと難しそうなイメージがありませんか?

自分と遠い話とも考えがちかも知れません。

しかし支援する側にもメリットがあるとしたら、興味が湧いてきませんか?

 

満足な食事をとるのがままならない人もいれば、

必要以上に栄養を取ってしまっている人もいるのが現状です。

 

この2つの課題、つまり 先進国の肥満問題と

途上国の飢餓問題を同時に解決しようと始まったのが

Table For Two(以下、TFT)です。

TFTは2007年に日本発の社会貢献活動として始まりました。

 

支援先

 

現在ウガンダ、ルワンダ、タンザニア、ケニア、マラウイ、フィリピンの6ヵ国で、

学校給食支援が行われています。

単に食事の提供にとどまらず、こどもたちの学力向上にも貢献しています。

途上国では給食が食べられるから

子供を学校へ通わせている家庭も少なくありません。

なので給食支援を行うことは教育機会を与えることも繋がっています。

 

また、学校内や地域に菜園を作って農業支援も行っています。

そうすることで継続的にその場所で暮らしていきやすくなります。

 

  

仕組み

TFTは社員食堂や学食などで提供されているTFTメニューを1食食べると

支援先の子供の給食1食分である20円が寄付される仕組みになっています。

またカロリーを抑えたTFTプログラム対象商品を購入すると

1食分寄付されるというものもあります。

そしてTFTプログラムはSDGsの17のゴールのうち

7つの達成に貢献できるんです。

2021年4月末時点で累計81,529,189食の寄付をしています。

TABLE FOR TWO | アフリカ・アジアの子どもたちに給食を届ける (tablefor2.org)

 

出典:TABLE FOR TWOとは | TABLE FOR TWO | アフリカ・アジアの子どもたちに給食を届ける (tablefor2.org)

 

大学にて

私は大学内の食堂でTFTメニューを提供することを主軸に

この活動をしていました。

多くの人に興味を持ってもらえるようなヘルシーメニューを考えたり、

ポップや看板を設置して少しでもTFTを知ってもらいたいと思っていました。

 

 

しかし、昨年コロナウイルス拡大の影響で学内での活動が難しくなりました。

活動ができなくなるということは

寄付するお金を集められなくなるということです。

そこで他大学の方と交流して今後について話す機会を設けたり、

学外でTFTメニューを提供してくれるお店はないか探したりしました。

すると私たちの考えに賛同してくださるお店に出会え、

現在ではヴィーガンランチをTFTメニューとして提供してもらっています。

 

 

また、農業についても関心を持ち、

農家さんのお手伝いをさせていただくようになりました。

そこで出会う方々にTFTについて知ってもらうきっかけができました。

食や環境などに興味がある方々とお話しすることで、

今まで自分たちにはなかった視点を取り入れることができています。

 

最後に

 

TFTに参加することは一切難しくありません。

TFTメニューを美味しく頂くだけです。

支援する人もされる人も、どちらにもメリットがあるのがTFTです。

これを機に興味を持っていただけたら、

ぜひTFTメニューを提供しているお店を調べてみてください。

 

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

  また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------