Menu

MOTTAINAI

0 Comment


『もったいない』は世界共通語

 

日本には、

世界に通じる『MOTTAINAI(もったいない)』という言葉があります。

 

Wikipediaによると、もったいないとは、

「物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しむ、日本語の単語」とあります。

 

環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、

ワンガリ・マータイさんが『MOTTAINAI』を世界共通の言葉として

広める活動を推進したのはよく知られています。

 

もったいないという言葉には、

モノに対する尊敬(Respect)の念も込められているとして、

マータイさんは「これは外国語にない言葉だ」と感銘を受けたそうです。

 

しかし戦後の日本経済の成長が大量生産・大量消費に突き進んだ結果、

いつからか私たちの周りはモノで溢れかえり、

捨てることへの抵抗感が少なくなってしまいました。

 

昨今、シェアリングエコノミーが広がりを見せ、

またSDGs(Sustainable Development Goals)への意識が高まってきました。

世界は今、大量生産・大量消費について(否定しているわけではなく)、

良い面ばかりではないと気づき始めています。

 

今こそ私たちは、『もったいない』という言葉に込められた日本発の美学を、

見直すべきでしょう。