海に魚がいない??将来魚を食べられなくなる!?



(画像 https://unsplash.com/@fx24)

 

初めまして。大学生インターンの西村です!

大学では獣医学を学んでいます。

獣医学は「動物のお医者さん」だけではなく、

実は、食、人の健康、環境とも関わりの深い分野なんですよ。

 

気候変動や海洋汚染、食料問題など

地球の将来に関わる問題に興味があり勉強しています。

学んだことを皆さんとひとつずつ

シェアしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

 

海の魚が減っている

 

という話を本やニュースで聞いたことはありますか?

具体的にはどれくらい減っているのでしょうか。

ちょっと予想してみましょうか。

海の中のことはよく見えないので、イメージしづらいですね。

 

実は、海には50年前と比べて半分しか魚がいません!

WWFによると、1970年から2012年までの間に、

世界全体でなんと約50%の海洋生物がいなくなってしまったそうです。

( Living Blue Planet report|WWF)

 

さらに、マグロやカジキといった大きな肉食の魚の場合、

事態はもっと深刻です。

すでに本来の数の10%以下まで減少していると推定されています。

(Rapid Worldwide Depletion of Predatory Fish Communities)

 

庶民の魚、「さんま」も手が届かない高級魚になるかもしれません。

サンマの水揚げ量は2008年以降ものすごい勢いで減少しています。

さんまの水揚量(年)|全国さんま棒受網漁業協同組合

 

つい先日、2021年2月25日には、

サンマの歴史的不漁が続いていることを受けて、

サンマの漁獲量を40%削減することが、

日本を含めた8カ国間で取り決められました。

日本経済新聞『サンマ漁獲枠、40%削減で合意 日中など8カ国・地域』)

 

以前はどれくらい魚がいたの?

 

データとしては残っていなくても、

昔の人たちが残した日記や絵から、

当時の様子を垣間見ることができます。

 

例えばマグロ。

江戸時代には陸のそばで、大量のマグロをとることができたそうで、

その様子を描いた絵も残されています。

( 山梨県立博物館 -Yamanashi Prefectural Museum-

 

今ではマグロといえば、遠くの海まで船を出してとる魚であり、

この絵のような様子は想像もできません。

 

現在、太平洋クロマグロは、過剰漁業(とりすぎ)により数を減らし、

漁業が始まる前の2.6%まで減少した『枯渇状態』と指摘されています。

より強固なマグロ漁業の監視・管理体制の構築を 2017年WCPFC会合 | WWFジャパン

 

他にもタラ。

北大西洋にすむタイセイヨウダラは、

かつて最も数の多い生物のひとつでした。

1497年に現在のカナダにやってきた探検家ジョン・カボットは

あまりにもたくさんのタラがいて、

バケツを沈めるだけですくうことができた」と書いています。

 

タラは一大産業になり、たくさんの国々がタラをとり続けた結果、

「船を阻むほど」いたタラは今では1%以下になってしまいました。

Carved Cod-in-a-Coffin | National Museum of American History)

 

これらの記録から、かつての海には私たちが想像するよりも、

ずっと多くの魚が生息していたことがわかります。

 

私たちは、海が本来どのような姿をしていたのか、

もう忘れてしまっています。

 

今私たちが見ているのは

「すでに魚が消えた」海だということを、

少し気に留めておく必要があるかもしれません。

 

魚がいなくなると何が問題なの?

 

ひとつには人の生活への直接的な影響。

 

(画像 Tadeu Jnr on Unsplash)

 

全世界で、約33億人の人が蛋白源の20%を魚に頼っています。

栄養を魚に頼っている割合は、

先進国より発展途上国の方が大きいです。

また、漁業が立ち行かなくなれば、

そこに携わる人は収入を失います。

魚がいなくなることは、

食料問題や貧困問題そのものなのです。

(​FAO. 2020. FAO yearbook. Fishery and Aquaculture Statistics 2018 http://www.fao.org/documents/card/en/c/cb1213t)

 

もうひとつは生態系への影響。

魚が減れば、魚を食べて生きているイルカや海鳥、

アザラシなども数を減らします。

逆に、クラゲやプランクトンといった、

魚に食べられることでちょうど良い数を保っていた生き物は

大発生してしまいます。

魚がいなくなることで、自然のバランスが大きく崩れる可能性があります。

 

それに、こういった問題を差し引いたとしても、

豊かな海が存在し続けることは、それだけでとても意味がある

ことだと私は思います。

 

私は海が好きで、夏には必ず海水浴に行きます。

海では魚や他の生き物を探して遊びます。

 

もし、私が見る海の生き物が、本当は2倍3倍、

もしかするともっといたかもしれないと思うと、

それはどれだけ賑やかで楽しい景色だっただろうと想像します。

 

逆にもし将来、慣れ親しんできた魚を食べることができなくなり、

海に魚の姿を見つけられくなる時が来るとしたら、とても悲しいです。

 

私たちができることは?

まずは、環境への負荷の少ない水産物を選ぶところから始めてみましょう!

 

1.MSC、ASC認証の水産物を買う

 

(画像 https://www.wwf.or.jp/corp/info/77.html)

 

MSC、ASC認証は持続可能な漁業及び養殖業に与えられる認証です。

認証水産物を選ぶことでより環境への負荷が少ない

水産物を選ぶことができます。

この認証については以前に、

ロスゼロのブログでも取り上げているので、

ぜひ読んでみてください!

これからもずっと魚を食べていける海に!「サステナブル・シーフード」のお話

 

2.おさかなハンドブックを活用する

 

「おさかなハンドブック」は、

海の環境問題や魚の状況を日本の消費者に知ってもらうために、

WWFが作成したものです。

 

日本人にとって馴染み深い、

マグロ、アジ、タイなど23種の魚種ごとに、

漁法や資源状況がわかりやすくまとめてあります。

 

買い物の際に「おさかなハンドブック」を参考にして、

数の少ない魚を避けるなどの選択をすることができます。

「おさかなハンドブック」消費者の視点で海のサステナビリティを考える|WWFジャパン

 

3.人に伝える

 

今はもう魚が本来の数の半分しかいないということ、

でも今ならまだ、私たちの行動によって

豊かな海を残すことができるということ、

ぜひ家族や友達に伝えてください。

 

魚は私たちが思っている以上に数を減らしています。

あまり知られていないですが、残念なことにこれは事実です。

 

でも皆が適切な行動をいますぐ選択すれば、

私たちは将来もおさかなを美味しく食べ続けることができ、

生き物を育む海は存在し続けることができます。

できる限りのことを、まずは手の届く範囲からぜひやってみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

  また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------