今年の顔、トラ!年の始めに絶滅危惧種トラについて学ぼう!



こんにちは!学生インターンの西村です。

今年は寅年!

トラは、多くの人にとって、

動物園などで見たことがあるなじみ深い動物ですよね。

しかし、その知名度とは裏腹に

野生の個体数はとても少なく、絶滅の危機に瀕しています。

生物多様性の保全はSDGsの一つでもあります。

ということで、今回はトラの保護について

お話ししたいと思います!

 

 

  • トラってどんな動物?

トラは明るい茶色に黒の縞が特徴的な、

大型ネコ科動物です。

学名をPanthera tigrisと言います。

生息する地域によって8つの亜種が存在しており、

それぞれ大きさや見た目が異なっています。

頭から尾の付け根までの長さが150-300cm

尾の長さは70-110cm体重は約75-250kgですが、

北方に生息する個体ほど大きく、

中には300kgを超えるものもいます。

この北方の亜種はアムールトラと呼ばれ、

ネコ科動物最大のものです。

個体数の7割が生息するインドをはじめとして、

ロシア、インドネシア、マレーシアなど

アジアの11カ国に生息していることが確認されています。

 

  • 数を減らすトラ

 

ほんの100年前まで、アジア全体に10万頭以上

トラが生息していました。

しかし生息地の減少や密猟などを原因として

減少の一途をたどり、現在では約3900頭が、

かつての生息地の4%のみに生息しています。

IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストでは、

Endangered(絶滅危惧種)に分類されています。

 

  • 個体数減少の原因

トラの個体数を減少させる大きな原因は

生息地の減少と密猟です。

トラの生息国では、オイルプランテーションなどの

目的で森林が開発されています。

トラは広い行動圏を持ち

その中で獲物を捕らえて生きているため、

森林開発で生息域が狭まると

もはやそこで生きていけなくなってしまいます。

 

また、その美しい毛皮や漢方の

材料としての臓器のため、

長らくトラ狩りが行われてきました。

現在、トラの生息国ではこのような狩猟は禁止され、

1975年以降ワシントン条約により、

トラの部位の国際的な取引も禁止されています。

しかし今でも特に漢方としての需要から

闇取引が横行しており、

密猟がトラの生活を脅かしています。

 

潜入!トラ闇取引の現場、解体して販売|ナショナルジオグラフィック

これを読めばトラ博士?!絶滅危惧種トラの生態や亜種数は?|WWFジャパン

 

 

  • トラを保護する理由

トラがいなくなったら何が起こるのでしょうか。

 

もしトラがいなくなれば、

トラが捕食していたシカやイノシシなどの

大型草食動物が増加し、その地域の植物が

食い荒らされてしまうでしょう。

すると、次にそれらの植物を食物や住処としていた

昆虫や小動物、鳥などがいなくなるかもしれません。

これらの小さな動物がいなくなれば、

それらに受粉や種子の運搬を頼っていた

植物も消えていくでしょう。

生物と環境はそれぞれが複雑に結びついているため、

たった1つ歯車を失ってしまうと

全体が崩壊して機能しなくなる恐れがあります。

このように、その生態系を保つために

特に重要な役割を担っている生物を、

石橋を作る時の要石にたとえて

「キーストーン種」と呼びます。

野生のサケを守れ、さまざまな取り組みがカナダで進行中|ナショナルジオグラフィック

(画像:Some Animals Are More Equal than Others: Keystone Species and Trophic Cascades-biointeractive | YouTubeより)

 

また、トラは餌となる草食動物が充分生息する、

広大な土地を必要とします。

裏を返せば、トラが生息する土地は、

トラを支えられるだけの草食動物と、

その草食動物を支えられるだけの植物が存在する、

豊かな環境であると考えることができます。

つまりトラが健やかに生きていける

環境を守ることは、

そこに暮らすすべての生物が健やかに暮らせる

広い生息地を守ることにつながるのです。

このように、その動物を守ることでその土地に生きる

他のたくさんの生物を守ることができる

という動物を大きく広げた傘にたとえて

「アンブレラ種」と呼びます。

なぜトラを守る?かわいいだけじゃない重要な役割とは|WWFジャパン

 

  • トラを守るための取り組み

Tx

前回の寅年である2010年、

世界のトラの生息数は3200頭という

過去最低の水準に達しました。

もはや今までの手法ではトラの減少を

食い止めることはできないとして、

トラが生息する13か国の政府機関が一堂に会し、

次の寅年である2022年までに野生のトラの数を

倍増させるという目標を設定しました。

その目標が共有された元で、研究機関、NGOなどの

関係機関が一体となってトラの保護が行われています。

ABOUT TX2 | WWF

トラを守るためには多角的な対策が必要です。

動物の保全は社会的な要因も深く関わってくるため

一筋縄ではいかず、本当に多大な努力と

全ての関係者の協力が必要だと強く思います。

 

まず生息地の保全が大切です。

動物の保護というと動物園などで繁殖させ野生に戻す、

などが想像されるかもしれませんが(生息域外での

保全活動のことを域外保全と言います)本来の

生息地なくして動物の保護をすることはできません。

また、たとえある程度の大きさの保護区が

確保できたとしても、大きな道路で分断されていたり、

飛び石状だったりすると動物は行き来ができず、

遺伝的な多様性が減少してしまい環境の変化や

病気に弱くなってしまいます。

これを解消するために、飛び石状の生息地を

動物が行き来できるように緑の回廊と呼ばれる、

生き物の通り道を設置することが行われます。

 

スマトラ島で、トラの親子の映像撮影に成功!| WWFジャパン

 

密猟を取り締まることも重要です。

トラの生息地ではレンジャーと呼ばれる人たちが

森の中を歩き回って、罠を一つ一つ見つけて

壊したり、密猟が頻繁に行われるエリアを

パトロールしたりしています。

 

密猟をなくすには、それを引き起こす原因となる

闇取引を取り締まることが必要です。

毎年平均で124頭のトラの死体が押収されるそうです。

また、トラ農場で飼育されているトラの取引も、

毛皮や臓器の需要を刺激し野生下の個体までもを

危機に晒すため、これをなくすために

保護団体が働きかけています。

 

生息地の保全も密猟の取り締まりも、

現地に暮らす人々の協力がなければ成り立ちません

一方的に土地を区切ったり規制をかけることは、

現地の人々の生活を苦しめ、

トラとの軋轢を新たに生じることにつながります。

人々が農業や畜産を営みながら、

トラの生息地で安全に共存できるように、

密猟をしなくても暮らせる収入を得られるように、

生活環境や社会システムを整えることが必要です。

この一つの手段として、自然を観光資源とした

エコツーリズムなどがあります。

 

エコツアーという森の守り方 スマトラ島より|WWFジャパン

Travel – Wildlife Tours and Nature Trips | WWF

Doubling Wild Tigers 2020 Annual Report – Prepared by WWF Tigers Alive and designed by Kazi Studios

 

  • ようやく見えた回復の兆し

2016年、今までで初めてトラの生息数が増加したことが

明らかになりました。2010年に3200頭以下だった

個体数が、3890頭まで増加したそうです。

紛れもなく懸命な保護活動の成果だと思います。

このまま順調に回復していくことを願っています。

WILD TIGER NUMBERS INCREASE TO 3890 | WWF

 

  • まとめ

私は昔から動物が好きでした。

中でも心を捉えて離さないのが、トラをはじめとする

大型ネコ科動物です。しなやかな体や鋭い目、

体についていく長い尻尾など、

あれほど美しい生き物はいないと思います。

 

昔の中国では、東西南北4つの方角にそれぞれ

青龍、白虎、朱雀、玄武という

4つの聖獣が配されていました。

この中で唯一、白虎だけが実在する動物です。

それだけ昔の人はこの生き物に、

他3つの霊獣と並べても霞まない神性や風格を認め、

恐れ崇めていたのだろうと思いますし、

その気持ちはとてもよくわかります。

いつか、野生のトラを見てみたいと思いますが、

それと同時に、そんな風に彼らの領域に

踏み込むようなことはしなくてもいいとも思います。

そもそもこの「見たい」という気持ちだって、

散々彼らを脅かしてきた人間の征服欲や所有欲と

同じ類のものかもしれません。

 

それなら、もし私が彼らを一生見ないし

会わないとしたら、自分の領域で生きている

この生き物と私の間に、一体何の関係があるでしょうか。

 

実質的には何もないでしょうね。

けれど、

私が電車に乗っているときに、学校にいるときに、

ジャングルの茂みで息を潜めて獲物を狙っている

一頭がいるかもしれない。あるいは

母親の尻尾で遊ぶ子供がいるかもしれない。

そう思えるだけで、トラがいるこの世界は

トラがいない世界よりも、

ずっといいものに違いないと思うのです。

 

トラを守ることは

その地域の生態系全体を守ることにつながるから

トラの保護は大切だ、と書きましたが、

それ以上に、この生き物がただこの世界に生きている

ということ自体が価値のあることだと私は思います。

 

私は、大型ネコ科動物がずっとこの世界に

存在し続けてくれることを願っています。

微力ながらそのための一助になればと、

Pantheraという大型ネコ科動物の保護団体に

毎月少額ですが寄付もしています。

 

トラの保護についてより多くの方々に

知っていただくのも、トラや他の生き物を

守ることにつながるでしょう。

寅年の始めだったこともあり、この場で

トラの話をさせていただきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

プラスチック製容器包装のリサイクルについて、基本の「き」

プラスチックフリーで環境に優しいへちまたわし作りに挑戦!

畜産を知ろう!④動物と人と環境の健康は一つ!One Healthと薬剤耐性

畜産を知ろう!③うんと大事なウンチの話。有機肥料やバイオガスとして再利用

畜産を知ろう!②国産牛のエサはどこ産?食料自給率やフードウェイストとのつながり

畜産を知ろう!①畜産って何?畜産の概要とSDGsとの関わり

森を守る選択2【レインフォレスト・アライアンス認証、FSC認証、RSPO認証】

一週間プラスチックフリーチャレンジ!やってみました! Part2:複数回の使用、消耗品

一週間プラスチックチャレンジ!やってみました! Part1:一度きりの使用

どんなプラごみを捨てていますか?一週間ためてみました。

再生可能エネルギーとは【その2】メリットと課題

再生可能エネルギーとは【その1】地球温暖化で何が起こる?

海に魚がいない??将来魚を食べられなくなる!?

 

----------------------------

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------