Menu

コロナウイルス、フランスの今。日本はこのままで大丈夫?

0 Comment


こんにちは、広報の牧です。

このブログは4月2日に書いています。

 

今日は、一大学生としての立場から記事を

書かせていただきます。m(__)m

 

連日報道されているコロナウイルス。

日本ではお花見シーズンの到来もあいまって

町に人手が戻ってきていますよね。

 

でも、本当にそれで大丈夫なのか

今一度考えてみてほしいのです。

 

今日は、フランスへ留学していた幼馴染に

インタビューした内容をまとめていきたいと思います。

 

彼女が滞在していたのはリール。

パリから電車でおよそ1時間ほどのフランス北部の都市です。

 

 フランスでは、パリとドイツ国境に近い地域が、

特にパリで流行が拡大したそうです。

 

2020年3月30日現在、フランスの感染者数は

世界第6位の40,174人。日本は29位の1866人。

(worldometerより)

 

この数字だけ見ると、

「なんだ、日本大丈夫じゃん」と思うかもしれません。

 

でも、そう簡単にはいかないのです。

国によって検査数がまちまちで、

感染者数で深刻さを完全に判断するのは難しいのです。

 

 

さて、そんなフランスでは

「ロックダウン(都市封鎖)」が行われているほか、

外出禁止令が敷かれています。

 

ロックダウン(lockdownとは、

緊急時の安全確保主な目的とした

隔離出入り制限などの措置 

weblioは解説しています。

 

これは不要不急の外出制限も含まれるそうです。

東京も第1段階にあるといえるのかもしれませんね。

 

フランスでは、3月15日の夜から

スーパーと薬局以外の店舗が閉められ、 

17日の午後には外出が禁止になりました。

 

幼馴染の普段使うスーパーでは

感染拡大を防ぐために店に入る人数を制限したり、

行列に並ぶ人の間隔を1mほど開けるなどの

対策が行われました。

 

スーパーに入るだけでも2時間も

かかるなんてこともあったのだとか。

 

普段からカード払いが多いフランスですが、

支払いの際に手が触れることを防ぐために

カード以外お断り なんてことまであったそうです。

 

もちろん、外出時には証明書が必要です。

しかも紙の使い回しは出来ないのだとか!

 

普段はにぎわっている町も閑散としています。

今の日本がいかに のほほん としているのか、、。

 

日本のフランスも「お年寄りと子供を守ろう!」

という点では一致しています。

しかし、その対応はあまりにも違いすぎると思うのです。

 

特に若い人や、健康な人達は

自分は大丈夫。 と思わないでほしいのです。

 

自分がウイルスを運んでいたら?

自分の親しい人に移してしまう可能性があるのです。

 

春の行楽は今年はいったんお休みして、

皆で協力して頑張りましょう!

コロナに負けるな!!

----------------------------

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通して、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------