「フードバンク」と「フードドライブ」の違いって?



 

こんにちは、ウェブ担当の前川です。

 

食品ロスの勉強をしていると、いろんな言葉との出会いがあります。

今回は「フードバンク」と「フードドライブ」の意味をご紹介します。

なんとなく知っているようできちんと知らなかったのですが、実は私たちでも気軽に参加できる、

“フードロス削減”活動です。

 

 

1)「フードバンク」とは、

主に企業や農家から発生する、まだ十分食べられるのに余っている食品を寄贈してもらい、

食べ物を必要としている人のもとへ届ける活動および団体を指します。

賞味期限が近い食品や、規格外野菜・規格外食材が集まります。

フードバンクでは食品の収集・保管・管理・配布までの一連の活動全般を行います。

集められた食品は、児童養護施設の子供たちや、DV被害者のためのシェルター、

路上生活を強いられている人たちに、無料配布しています。

 

令和元年5月に可決された「食品ロス削減推進法」により、

企業や農家にとっては寄贈しやすい環境が、

またフードバンクの活動に国が支援をする仕組みが整ってきました。

 

農水省:フードバンク活動マニュアル 

※農水省HPより

 

 

2)「フードドライブ」とは、

主に家庭で余っている食べ物を持ち寄り集めて、地域の福祉団体や、フードバンク等へ寄付します。

スーパーの入り口や自治体のお祭り・フェスタなどで、食品を持ち寄るためのコーナーを

見かけるようになってきましたが、まだまだ認知度は低いです。

 

お家で余っている食品を捨てるのではなく、必要としている人に届けることができるこのシステム。

世界ではずいぶん前から気軽に行われているようです。

日本でももっと浸透していくようになればいいなと思います。

ちなみに”ドライブ”とは、”寄付”という意味です。

<フードバンク・フードドライブ参考サイト>

セカンドハーベストジャパン

2000年に活動をはじめた、日本でも代表的なフードバンクシステムです。

フードドライブ活動も行っています。

 

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

日本でのフードバンクの推進・ノウハウ共有・立ち上げ支援などを行っています。

 

生活協同組合おおさかパルコープ

おおさかパルコープ店舗でフードドライブを行っています。

 

 

 「フードバンク」も「フードドライブ」も、

食べ物が余っている人と、食べ物が足りない人をつなげる

という意味では同じ活動です。

 

身近にフードバンクやフードドライブを見かけたら、ぜひお家で余っている食品を預けてください。

フードロス削減に取り組むことは実はとても簡単です。

 

「もったいない」が「ありがとう」に変わるのが、フードバンク・フードドライブです。

とても大切なフードロス活動ですね。

 

----------------------------

 

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通して、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

 

食品ロス(フードロス)・食品廃棄の削減をビジネスとして

成立させている独自の取組が評価され、行政機関における

事例としても取り上げられています。

 

また、ロスゼロはSDGsにも取り組んでいます。

 

----------------------------