規格外野菜カレーで食品ロス削減イベント!活動レポート



 

こんにちは!

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部

Food Linksの辺と北池です。

 

私たちFood Linksは

フードロスをより身近なものとして知ってもらう

という活動目標を掲げ、

販売・食育・SNSの3つのグループに分かれて

1年間の活動をしています。

 

私たち販売チームは1年の集大成として

10/28(金)、10/29(土)の二日間にわたって

(株)Style Agentさんご協力のもと、

三ノ宮のレストラン「食職キッチン」にて

規格外野菜を用いた

規格外野菜の自家製素揚げカレー

を販売しました!

 

規格外野菜の素揚げをトッピングしたカレー

 

カレーに用いた規格外野菜は

京都で農業を営んでおられる

原田ファーム」さんに

ご提供していただきました。

 

原田ファームさんについての

ブログも投稿させていただいたので

よろしければそちらもご覧ください!

 

(「農業は人を幸せにする」原田ファームが目指す農業の形とは?https://blog.losszero.jp/blogpost/news_675/

 

野菜の種類は茄子、さつまいも、万願寺唐辛子を含む6種類で、

それらを素揚げしてカレーにのせました。

 

値段の設定ですが、学生が作るものであることから、

手軽さを重視してワンコインの500円で販売することに決めました。

 

 

~当日の流れ~

販売初日は開店3時間前に集合し、

仕込み班とカレーのご飯に刺すための旗作りの班に分かれて、

それぞれ作業を進めました。

 

旗作り班は紙に印刷されたFood Linksのロゴと

同志社大学のマークを爪楊枝に巻きつけ、

約70個の旗を作りました。

 

また、旗づくりが終わると、

スタッフの方に、注文の取り方などホールでの動き方を教わりました。

 

仕込み班は3人のうち2人が素揚げ用の野菜をカット、

残りの1人と食職キッチンのスタッフの方でカレーを作り始めました。

 

開店30分前になると、

来店してくださるお客様にすぐに提供できるように

野菜の素揚げをし、開店に備えました。

 

 

11時に開店してからはホール、カレーを盛り付ける、

チラシを配る係に分かれて動き始めました。

 

開店してすぐは来店してくださる方は少なかったのですが、

お昼ごろにお店の前のオフィスビルから

出てこられたサラリーマンの方々にビラを配って呼び込むことで、

いつの間にかお店の中は満席になっていました。

 

キッチンとホールの仕事がとても忙しくなったため、

お客様を待たせることがないように

全員で効率よく動くことを心掛けました。

 

多くのお客様に来店いただき、

1日目の目標であった40食を超え、

43食を販売することができました!

 

2日目もカレーを作り直し、

1日目と同様に各班に分かれて業務に取り組みました。

 

2日目は土曜日だったので、

集客に不安はありましたが、

ビラ配りをより強化したり、

関係者の方々を招待したりして、

26食を売り上げることができました!

 

 

~原田ファームさんを訪問~

畑仕事をする学生

販売後には、この活動において、

野菜の提供にご協力いただいた原田ファームさんの畑に訪問し、

収穫しきれていない万願寺とうがらしと茄子の

収穫のお手伝いをしに行きました。

 

収穫されたナス

 

一学生団体のご協力のお願いに応えていただいた

原田ファームさんにはメンバー一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本当にありがとうございました!!

 

原田ファームと同志社大学Food Linksの集合写真

 

 

~プロジェクトを終えて~

 

私たちはこの2日間、

また1年間のプロジェクトを通して、

大きな達成感を感じることができました。

 

4月から活動内容を一から決め、

試行錯誤を繰り返してこの販売当日に

70食販売という目標を達成できたことで、

フードロスについての知識を広めるという

当初の目的を果たすことができた

という確信を得ることができました。

 

フードロス問題は

身近なところで起きている問題であるにもかかわらず、

これまで何も行動を起こすことができていませんでした。

 

しかし、この活動によって、

メンバー全員がフードロスに対する問題意識を改めることができ、

それを広めることができたことは、

大きな意味があったように感じています。

 

このグループでの活動は1 月で終わってしまうのですが、

プロジェクトで得た知識や経験を活かして

これからもフードロス問題について行動を起こしていこうと考えています!

 

最後に、このプロジェクトに賛同し、

快くご協力いただいた全ての方々に大変感謝しております。

ありがとうございました!!

 

フードロス削減イベントでの集合写真

投稿者プロフィール

広報:同志社大学 Food Links
広報:同志社大学 Food Links
同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の学生有志で「フードロスをより身近なものとして知ってもらう」という活動目標を掲げ、販売・食育・SNSの3つのグループに分かれて活動をしています。

----------【監修者:文 美月】----------

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は長風呂。