TOKYOエシカルのHPにロスゼロが紹介されました



 

今回ロスゼロは東京都と協力し、

TOKYOエシカルのパートナー企業として、

都民のエシカル消費の推進に取り組みます。

 

それに伴い、ロスゼロがTOKYOエシカルのHPに

パートナー企業として紹介されました。

 

TOKYOエシカル ロスゼロ取組紹介

 

「TOKYOエシカル」とは、

東京都が消費行動から社会変革を促すべく、

エシカルな企業や団体約90者とネットワークを構築し、

都民がエシカル消費を実施しやすい

環境の創出を目指すものです。

 

「TOKYOエシカル」アクションプロジェクトサイト 

 

ロスゼロ代表へのインタビュー中で

一社目のヘアアクセサリーEC事業から

ロスゼロを起業するきっかけとなった経緯や、

 

ECやサブスク、アップサイクルなど、

具体的にロスゼロがどのようにして食品ロス削減に

取り組んでいるのか、ご紹介いただきました。

 

エシカル消費とは、

日常の消費活動の中で、

価格・品質・安全性のほかに

人や社会、環境に配慮した商品を選ぶことです。

 

消費が変わると社会は変わります。

環境や社会に配慮した企業から製品を買うことは、

その企業への応援にもなり、

社会的企業の成長・増加に繋がります。

 

つまり、エシカル(倫理的)という判断軸をもって商品を決めることは、

結果として、サステナブルな社会の実現に繋がります。

 

ロスゼロ本社が位置しているのは大阪ですが、

日本の最大の消費地は東京です。

 

今回ロスゼロが東京都と一緒に

協力してエシカル消費について推進できることは、

全国共通の問題である食品ロスを解決するための、大きな一歩となります。

 

SDGsという言葉も広がり、時代も変わってきました。

利便性や経済成長を追い求めていた大量生産・大量消費時代から

既にあるものをみんなで共有するシェアリング・エコノミーへ。

 

ロスゼロは世の中にある「もったいない」を

次の笑顔に繋ぎ、社会に活かしていきます。

 

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------

 

投稿者プロフィール

広報:中角
広報:中角
関西学院大学総合政策学部卒業。
カンボジアの現地企業にて、ゼロウェイスト関連の仕事に従事したのち、ロスゼロの広報担当として社内のことやSDGsについて発信しています。
趣味は犬と戯れること。

----------【監修者:文 美月】----------

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は長風呂。