ファッションロスをなくそう! アパレル企業の取り組みも紹介



国内の家庭から捨てられる衣類の量は、年間約50万トンにのぼります。

 

それに加えて、衣類の需要と供給のミスマッチから多くの衣類が在庫として残り、

結果的に廃棄されることも問題視されているのです。

 

今回は前回に引き続き、ファッションに焦点を当て

まだ着ることができるのに捨てられてしまう「ファッションロス」を

なくすための取り組みについてご紹介します。

 

前回のブログはこちら

ファッション業界が地球温暖化に与える影響とは?

 

 

ファッションロスとその原因

 

ファッションロス(衣服ロス)とは、まだ着ることができるのに

さまざまな理由で捨てられてしまう衣服のことを指します。

 

まだ食べられるのに捨てられる食品が「食品ロス」と呼ばれるのと同様ですね。

 

ファッションロスの中には、新品の衣類も含まれるとされています。

 

ファッションロスが生まれる原因には、

ファッション業界の商習慣も深く関連していると考えられます。

 

その商習慣とは、トレンドの移り変わりの激しいファッション業界ならではのもの。

 

新しく作られた衣類はまず、定価で販売され、

次に、バーゲンシーズンが到来すると値下げされます。

 

しかし、バーゲンで売れ残ってしまった衣類は、

そのほとんどが処分されてしまうというのです。

 

なぜなら、売れ残った衣服をさらに値下げして販売すると、

ファッションブランドの価値そのものが下がってしまうと考えられているからです。

 

英国の高級ブランドが売れ残り商品を大量に焼却処分したことで

消費者から大きな反発を受け、その後、焼却処分するのを止めたことは

有名なエピソードの一つです。

 

こうした商習慣などが大量のファッションロスを生み、

環境に悪影響を及ぼすことなどが問題視されています。

 

 

衣類のリサイクル率はアルミ缶より低い

 

この記事を読んでいる方なら、

「売れ残った衣類を処分するのではなく、リサイクルしたらいいのでは?」

と考えるかもしれません。

 

しかし、衣類のリサイクル率はまだまだ低く、2020年現在で15.6%に止まっています。

その中でも衣類から衣類にリサイクルされるのはわずか1%とのこと。

 

これに対して、例えばアルミ缶のリサイクル率は94.0%(2020年度)です。

しかも、そのうち71%は再びアルミ缶へと再利用されているのです。

 

ここではアルミ缶を引き合いに出しましたが、

このように衣類のリサイクル率は依然として低く、

その多くが廃棄処分されていることがわかります。

 

 

(参考:環境省『令和2年度 ファッションと環境に関する調査業務』2020年3月 株式会社日本総合研究所、アルミ缶リサイクル協会『リサイクル率』)

 

 

不要になった衣類の回収・リサイクルに取り組む企業3選

 

ファッション業界の中には、

着ることがなくなった衣類を店頭で回収、リサイクルする

自主的な取り組みを始めている企業もあります。

 

ここでは3社の取り組みをご紹介します。

 

 

①アダストリア

 

アダストリアは、

GLOBAL WORKやniko and…など多くのファッションブランドを展開している

アパレル大手アダストリアでは「Play Cycle!」という取り組みを行っています。

 

Play Cycle!」では、

商業施設と連携して回収イベントを実施したり店頭に衣類回収ボックスを設置したりして、

不要になった衣類の回収、リサイクルを促進しています。

 

回収した衣類はパートナー企業などが再資源化しているとのことです。

 

(参考:株式会社アダストリア/サステナビリティ/ファッションロスのない世界

 

②ユニクロ

 

ユニクロも全国のユニクロ・ジーユー・プラステの店舗に

「RE.UNIQLO回収ボックス」を設置し、同社で販売した衣類の回収を行っています。

 

回収された衣類は、リユースされるものとリサイクルされるのに仕分けれられ、

世界各地の難民や避難民などに届けられるほか、

ダウンやフェザーの材料、代替燃料などにリサイクルされているとのことです。

 

(参考:RE.UNIQLO:あなたのユニクロ、次に生かそう。 | 服のチカラを

 

 

③良品計画

 

無印良品を運営する良品計画も、衣料品のリサイクルに取り組んでいます。

 

良品計画では2010年から、衣服やタオル、カバー類などの

回収、リサイクルに取り組んでいます。

 

回収された衣料品で再利用が可能なものは、

染め直しやプレスなどの加工を施し「ReMUJI」というブランドで再販しています。

 

ほかにも、古物販売の取り組みとして

「おゆずり良品・千葉」「無印良品 東京有明」などの店舗では

衣料品だけでなく不要になったモノを回収し、必要な人に販売する取り組みも

始めています。

 

(参考:リサイクルの取り組み | 株式会社良品計画

 

 

衣類をアップサイクルする取り組み

 

アップサイクルとは、本来廃棄されるはずのものに手を加え、

以前より価値を高めることです。

 

アップサイクルに取り組んでいる企業としては、ビームスが挙げられます。

 

ビームスでは、

在庫品を中心に手仕事によるリメイクを施し、衣服に新たな価値を与える

BEAMS COUTURE」というブランドを展開しています。

 

手仕事でリメイクすることで、世界に一つだけのユニークな一着が仕上がります。

 

こうした付加価値が与えられることで、

デッドストック品であっても安値で販売されることはありません。

 

BEAMS COUTURE」では、さまざまなブランドやキャラクターなどとの

コラボレーションなどを通じて、アップサイクルの認知度の向上に努めています。

 

(参考:BEAMS COUTURE(ビームス クチュール)

 

 

 

AIを活用したファッションロス対策

 

近年は、AIなどのデジタル技術を活用して需要を予測し、

過剰生産を防ぐといった取り組みも行われています。

 

また、こうした技術によって各地の倉庫や店舗の在庫を

適切に配分し、過剰生産・過剰在庫を抑制する取り組みも始まっています。

 

AIなどのテクノロジーを活用する事例で興味深いのは、

3Dスキャンなどによってぴったりのサイズの衣服をつくる、

S・M・Lなどのサイズにとらわれない服づくりが検討されているということです。

 

こうした技術が広がれば、

売れ残りやすいサイズの衣服の生産を最適化することも可能になるかもしれません。

 

(参考:経済産業省『ファッションの未来に関する報告書』2022年3月)

 

 

よりよいアイディアを受け止める柔軟さを

 

ファッションロスが生まれる背景に、ファッション業界の商慣習が

深く関わっているという事実は、食品ロスにも通じるものがあります。

 

これまで当たり前のように行われてきた慣習や仕組みがもつ課題が明らかになり、

新しいルールやシステムが生まれるというサイクル

業界を問わず起こりうることなのかもしれません。

 

新たなアイディアやテクノロジーによって、

環境に過度な負担をかけないファッションのあり方が追求されていくことを

期待したいと思います。

 

同時に、私たちもこれまでの習慣や仕組みにこだわりすぎず、

よりよいサービスやアイディアを受け止める柔軟さを常に持っていたいものですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サステナブルライター山下さん過去ブログ

 

これからもずっと魚を食べていける海に!「サステナブル・シーフード」のお話

畑で生まれる“隠れ食品ロス”とは? 私たちの知らない農業のお話

食品ロス削減のカギ「3分の1ルール」とは?生活に欠かせない流通のお話

正しく理解しよう! 「食料自給率」と「エネルギー自給率」のお話

実は食品ロスとも関係が深い「再生可能エネルギー」のお話

地域内循環で解決する「食品リサイクル」のお話

日本初のゼロ・ウェイスト宣言をしたのは徳島県の小さな町だった

アメリカの食品ロスはどうなっている?あの企業の取り組みも紹介

国連が世界初の食品ロスのレポートを発表! 明らかになった驚きの事実とは?

食品ロスはどのように処理される?家庭の食品リサイクル率は1割に満たない

12年連続!リサイクル率トップの鹿児島県大崎町の取り組み

スタートアップ企業が活躍する、世界の食品ロス対策

食品ロス量、平成30年度は過去最少!全国の削減アクション4選も紹介

長期保存に役立つ「真空スキンパック包装」とは?保存の視点で食品ロスを考えてみよう

改めて知っておきたい、地球温暖化の今 ~前編~

改めて知っておきたい、地球温暖化の今 ~後編~

IPCCとは? 最新の温暖化を伝える第6次評価報告書

2020年度の食料自給率、なんとカロリーベースで過去最低に

世界で初めて開催された「国連食料システムサミット」

人にも地球にも嬉しい食生活「プラネタリー・ヘルス・ダイエット」

あの“謎肉”も大豆?! 「代替肉」とは何かを知ろう

将来コーヒーが飲めなくなる?「コーヒーの2050年問題」

土の再生をうながす「リジェネラティブ農業」とは?

リジェネラティブ農業を深掘り!日本と世界を比べてみよう

COP26の結果は? そもそもCOPとは? わかりやすく解説!

冬のおうち時間、快適さをあきらめない省エネのコツ

節分にバレンタイン、2月のイベントを食品ロスなく心から楽しむには?

コンポストはじめました! 使い方は意外に簡単

「サーキュラ―エコノミー」とは?意味や事例を分かりやすく解説

フラワーロスとは? 廃棄を防ぐ取り組みも紹介

電気代が高くなった? 高騰はいつまで続くのか、その原因は?

マイクロプラスチック問題、その原因と私たちにできる対策とは?

食品ロスがエネルギーに変わる、バイオ燃料とは?種類やメリット、課題まで

初めてのコンポスト、ベランダで挑戦しました!~完結編~

「昆虫食」が環境にやさしいって本当?虫を食すメリット・デメリットとは

飲食店での食べ残しをお持ち帰り=「mottECO」文化を根付かせよう

太陽の熱を利用する「ソーラークッキング」とは? 夏休みの自由研究にも

節電ポイントや各社の節電キャンペーンを解説!この夏を「デマンドレスポンスで乗り切ろう」

バイオ炭とは? 脱炭素に役立つはたらきや活用方法をわかりやすく解説

規格外とは?規格の役割を知って、食品ロスを抑えるアクションを

台風と地球温暖化の関係は?大型化や進路への影響はあるのか

アグロフォレストリーとは?作物と森をつくるサステナブルな農法

10月は食品ロス削減月間!食品ロスを減らすための自治体の取り組み7選

規格外野菜に新たな価値を。農家とともに作り上げるOYAOYAの乾燥野菜

自販機を使って食品ロス削減! 駅やオフィスなど全国に拡大中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サステナブルライター山下 略歴

電力会社やベンチャー企業でエネルギー関連のビジネスに従事したのち、2019年にサステナブルライターとして独立しました。「家庭の省エネエキスパート」資格を持ち、自治体において気候変動や地球温暖化に関するセミナーを実施した経験もあります。環境問題をもっともっと身近に感じてもらえるよう、わかりやすい記事を心がけています。

【実績】「RE JOURNAL(VOL.02)」「SOLAR JOURNAL(VOL.33)

情報誌グローバルネット 2020年4月号」ほか

Facebook

 

----------------------------

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

 

 

投稿者プロフィール

サステナブルライター 山下
サステナブルライター 山下
サステナブルライターとして、幅広いテーマの記事をわかりやすくお届けします!今気になっているのは、海洋プラスチックをアップサイクルしたアクセサリー。とっても素敵なアクセサリーがどんどん増えているので、これから集める楽しみが増えそうです。

----------【監修者:文 美月】----------

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は長風呂。