神戸新聞『随想』に弊社代表の6回目の連載文が掲載されました



 

12月5日(月)の神戸新聞の夕刊のコーナー『随想』に、

 

弊社代表 文美月の記事が掲載されました。

 

記事の題名は『世界の食品ロス事情』

 

 

食品ロスには「生産・保管・加工・輸送・消費・廃棄」の流れがありますが、

国によって、食品ロスが発生する段階が変わります。

 

日本や欧米のような先進国では、

賞味期限が近くなったなど、

商流上の3分の1ルール(※)によるロスが多くなりますが、

 

流通網が発達しておらず、

気温が高い東南アジアなどの途上国では、

商品を輸送するまでの間に腐ってしまうことが多いそうです。

 

※ 食品の納入期限を賞味期限の3分の1以内とする流通・小売り業界特有の商習慣

 

また、第一次産業が発達しており、

加工や保存の技術に乏しい途上国では、

長期的な食品の流通が難しく、地元経済内で消費されることが多いそうです。

 

経済環境の他に、古くから伝わる文化の影響で発生する食品ロスもあります。

例えば中国では、客人に料理を振る舞う際に、

食べきれない量を提供することが

“おもてなし”とされるそうです。

 

つまり、客人が食べ残しを作るまで、

料理を振る舞い続けるそうです。

 

それぞれの国によって違う「食品ロス事情」

客観的に見ることで、日本人が他国から得ること、

また、教授できそうなことがありそうですね!

 

最後の連載となる次回の記事の掲載は、12月20日(火)を予定しております。

 

神戸にお住まいの方は、是非お楽しみください!

 

投稿者プロフィール

広報:中角
広報:中角
関西学院大学総合政策学部卒業。
カンボジアの現地企業にて、ゼロウェイスト関連の仕事に従事したのち、ロスゼロの広報担当として社内のことやSDGsについて発信しています。
趣味は犬と戯れること。

----------【監修者:文 美月】----------

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は長風呂。