神戸新聞『随想』に弊社代表の4回目の連載文が掲載されました



11月1日(火)の神戸新聞の夕刊のコーナー『随想』に、

 

弊社代表 文美月の記事が掲載されました。

 

 

記事の題名は『後退ではなく進化を』

 

 

イノベーションによって私たちの生活は豊かになりました。

 

一方で、経済成長を重視した結果、豊かな環境が破壊されつつあります。

 

 

持続可能な環境を維持するために、私たちは後退しなければならないのでしょうか。

 

それは極端な例ですが、今の社会の在り方を変えないと、

 

今の地球は次世代に引き継げることなく、滅びてしまいます。

 

 

しかし、テクノロジーの進化によって、経済性と社会性は両立されつつあります。

 

 

今では、フリマアプリによって不要なものを他の人に買ってもらったり、

 

利用頻度の低い生活雑貨や衣服をレンタルすることができます。

 

 

こうしたシェアリングエコノミー(※)が普及することによって、

 

資源循環社会はさらに推進されるでしょう。

 

(※) 個人や企業が持っているものを、インターネットを介して共有・提供すること。

 

 

次回の文美月の連載は、11月17日(木)を予定しております。

 

神戸にお住まいの方は、是非お楽しみください!