自販機を使って食品ロス削減! 駅やオフィスなど全国に拡大中



こんにちは、サステナブルライターの山下です。

 

自動販売機といえば、

ジュースやコーヒーなど飲み物の自販機

イメージする人が多いでしょう。

 

しかし、最近、

食品ロス対策に役立つ自動販売機が注目されています。

 

「自販機が一体どうやって食品ロスを減らすの?」

「どんな食品が販売されているの?」

と不思議に思う人もいるかもしれません。

 

そこで今回は、

全国に拡大している

自動販売機による食品ロス対策についてご紹介します。

 

この記事を読めば、

なぜ自販機と食品ロス対策の相性がいいのか、

自販機を活用して実際に

どのような食品ロス対策が行われているのかについて

知ることができます。

 

もしかしたら、お住まいの地域の近くにも

食品ロス対策の自販機が

すでに設置されているかもしれません。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

「自販機で食品ロス対策」ってどういうこと?

自動販売機(自販機)による食品ロス対策とは、

期限の迫った食品などを自販機で販売し、

食品ロスを減らそうとする取り組みのことです。

 

販売される食品は、

規格外品や加工する際に出る端材などを使ったものなど、

さまざまです。

一例を挙げると、

お菓子やカップラーメン、レトルト食品などのほかにも

ご当地のお肉や海産物を使った

お惣菜やおつまみなどを取り扱う

冷凍の自販機もあるようです。

 

もはや、自販機というよりちょっとした売店のようです。

 

自販機が食品ロス対策に活用される理由とは?

 

では、なぜ食品ロス対策に自販機が活用されるのでしょうか?

 

その理由は、

自販機の導入のしやすさにあると考えられます。

 

自販機は、無人で販売することができます。

 

スタッフを常駐させておく必要がないため、

店舗を構えて販売するよりコストを抑えることができます。

 

24時間販売することも、自販機なら簡単です。

また、自販機には、

いろいろな場所に設置しやすいという特徴があります。

 

ちょっとしたスペースと電源さえあれば、

屋内や屋外のあらゆる場所に設置することができるのです。

 

実際に、飲料の自販機もいろいろな場所に設置されていますよね。

 

こうした特徴から、

自販機を導入する側の自治体や企業にとっては、

食品ロス対策に取り組むハードルが低いという

メリットがあるのではないでしょうか。

 

同様に、商品を購入する消費者にとっても、

使い勝手のよさは大きなポイントです。

 

自販機は私たちの生活に溶け込んでおり、

おそらく自販機を使ったことがないという人の方が

少ないのではないでしょうか。

 

このように身近な自販機を使うだけでよいため、

利用するのにハードルを感じるという人が少ないだと考えられます。

 

これまで食品ロス対策をしたことがないという人でも、

気軽に取り組むことができるでしょう。

 

したがって、自販機による食品ロス対策は、

導入する側と利用する側の双方にとって

魅力ある取り組みだということがわかります。

 

ZERO株式会社の食品ロス削減ボックス「fuubo」

 

(食品ロス削減に役立つ無人販売機『fuubo(フーボ)』。出典:ZERO株式会社)

 

 

では、実際に食品ロス対策のできる自販機は、

どのようなところに導入されているのでしょうか。

 

まずご紹介するのは、ZERO株式会社(東京都)が展開する

無人販売機「fuubo(フーボ)」です。

 

同社は、食品ロスになってしまう食品を買い取り、

無人販売機の「fuubo」を通して

低価格(もしくは0円)で販売しています。

「fuubo」が設置される場所は実にさまざまで、

駅や地下街、役所やオフィス、空港など多岐にわたります。

 

というのも、ユーザーの利用シーンに合わせて、

同社は「fuubo」の導入プランを3種類も用意しているのです。

 

1つ目が「福利厚生プラン」で、

オフィスや工場などに導入し、

従業員の福利厚生の一環として食品を安く提供するものです。

 

2つ目が「収益化プラン」で、

ショッピングモールなどに設置し、

入居テナントの食品ロスを販売することで、

収益にもつなげようとするもの。

 

そして3つ目が「スポンサー・PRプラン」といって、

駅などの人の往来の多い場所に設置した「fuubo」を通じて

スポンサーの価値を高めようとするものです。

 

このように、ユーザーの特性や狙いに合わせて

多様なプランを展開していることも

「fuubo」の導入が拡大している一因だと考えられます。

 

fuuboの導入を公表している企業や公共施設の一部をご紹介すると、

ネスレ日本株式会社相模原市役所茨城県庁舎などです。
(2022年10月末現在)

 

また、京都駅前地下街ポルタに設置された「fuubo」では

約3ヶ月間で415個の食品ロスを提供し、

203.8kgのCO2排出削減効果があったと発表されています。

 

削減されたCO2の量は、

500ミリリットルのペットボトルに換算すると

200万本分に相当するというから驚きです。

 

食品ロスの削減は、

CO2排出削減にも役立つということがわかりますね。

 

 

(参考:ZERO株式会社 プレスリリース『約3カ月でペットボトル20万本分のCO2排出削減に貢献』)

 

老舗・株式会社かね久のSDGsに貢献する自販機「東北うまいもの食堂」

続いて、1945年創業の株式会社かね久(宮城県)では、

SDGsをテーマとした自動販売機である「東北うまいもの食堂」を通じて

食品ロスの削減に貢献しています。

 

「東北うまいもの食堂」では、

株式会社かね久が監修や商品設計に関わった

オリジナル商品を販売しているのですが、

いずれも食品ロスや環境などSDGsに配慮された商品あるだけでなく、

災害時には商品を無料で提供することになっています。

 

自販機で取り扱うメニューは、

「宮城県産殻付かき」「宮城県産煮だこ」

「牛たんデミグラスソース煮込み」など。

 

いかにも美味しそうで、

食品ロス対策ということを忘れてしまいそうです。

 

地域の特性を活かしつつ、食品ロスなどSDGsにも貢献する

面白い取り組みだといえるでしょう。

 

(参考:https://kanekyu-panko.com/vending.html

自販機は食品ロス対策にピッタリ

 

このように、自販機を活用した食品ロス対策は、

とても自由に楽しく拡大を続けていることがわかります。

 

食品ロスとは、

私たちの作った仕組みによって生まれた産物です。

 

その垣根を軽々と飛び越えるのもまた、

私たちの柔軟な発想に基づくアイディアだといえます。

 

ユニークな取り組みによって、

食品ロス対策がもっと身近なものになることを願っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サステナブルライター山下さん過去ブログ

 

これからもずっと魚を食べていける海に!「サステナブル・シーフード」のお話

畑で生まれる“隠れ食品ロス”とは? 私たちの知らない農業のお話

食品ロス削減のカギ「3分の1ルール」とは?生活に欠かせない流通のお話

正しく理解しよう! 「食料自給率」と「エネルギー自給率」のお話

実は食品ロスとも関係が深い「再生可能エネルギー」のお話

地域内循環で解決する「食品リサイクル」のお話

日本初のゼロ・ウェイスト宣言をしたのは徳島県の小さな町だった

アメリカの食品ロスはどうなっている?あの企業の取り組みも紹介

国連が世界初の食品ロスのレポートを発表! 明らかになった驚きの事実とは?

食品ロスはどのように処理される?家庭の食品リサイクル率は1割に満たない

12年連続!リサイクル率トップの鹿児島県大崎町の取り組み

スタートアップ企業が活躍する、世界の食品ロス対策

食品ロス量、平成30年度は過去最少!全国の削減アクション4選も紹介

長期保存に役立つ「真空スキンパック包装」とは?保存の視点で食品ロスを考えてみよう

改めて知っておきたい、地球温暖化の今 ~前編~

改めて知っておきたい、地球温暖化の今 ~後編~

IPCCとは? 最新の温暖化を伝える第6次評価報告書

2020年度の食料自給率、なんとカロリーベースで過去最低に

世界で初めて開催された「国連食料システムサミット」

人にも地球にも嬉しい食生活「プラネタリー・ヘルス・ダイエット」

あの“謎肉”も大豆?! 「代替肉」とは何かを知ろう

将来コーヒーが飲めなくなる?「コーヒーの2050年問題」

土の再生をうながす「リジェネラティブ農業」とは?

リジェネラティブ農業を深掘り!日本と世界を比べてみよう

COP26の結果は? そもそもCOPとは? わかりやすく解説!

冬のおうち時間、快適さをあきらめない省エネのコツ

節分にバレンタイン、2月のイベントを食品ロスなく心から楽しむには?

コンポストはじめました! 使い方は意外に簡単

「サーキュラ―エコノミー」とは?意味や事例を分かりやすく解説

フラワーロスとは? 廃棄を防ぐ取り組みも紹介

電気代が高くなった? 高騰はいつまで続くのか、その原因は?

マイクロプラスチック問題、その原因と私たちにできる対策とは?

食品ロスがエネルギーに変わる、バイオ燃料とは?種類やメリット、課題まで

初めてのコンポスト、ベランダで挑戦しました!~完結編~

「昆虫食」が環境にやさしいって本当?虫を食すメリット・デメリットとは

飲食店での食べ残しをお持ち帰り=「mottECO」文化を根付かせよう

太陽の熱を利用する「ソーラークッキング」とは? 夏休みの自由研究にも

節電ポイントや各社の節電キャンペーンを解説!この夏を「デマンドレスポンスで乗り切ろう」

バイオ炭とは? 脱炭素に役立つはたらきや活用方法をわかりやすく解説

規格外とは?規格の役割を知って、食品ロスを抑えるアクションを

台風と地球温暖化の関係は?大型化や進路への影響はあるのか

アグロフォレストリーとは?作物と森をつくるサステナブルな農法

10月は食品ロス削減月間!食品ロスを減らすための自治体の取り組み7選

規格外野菜に新たな価値を。農家とともに作る上げるOYAOYAの乾燥野菜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サステナブルライター山下 略歴

電力会社やベンチャー企業でエネルギー関連のビジネスに従事したのち、2019年にサステナブルライターとして独立しました。「家庭の省エネエキスパート」資格を持ち、自治体において気候変動や地球温暖化に関するセミナーを実施した経験もあります。環境問題をもっともっと身近に感じてもらえるよう、わかりやすい記事を心がけています。

【実績】「RE JOURNAL(VOL.02)」「SOLAR JOURNAL(VOL.33)

情報誌グローバルネット 2020年4月号」ほか

Facebook

 

----------------------------

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。