ジュニアEXPOに向けたお手伝い



大阪・関西万博の教育プログラムの一つとして、

 

2020年から毎年開催されている「ジュニアEXPO」。

 

子供たちが、SDGsを達成するために

 

「いのち輝く未来社会を実現」していくアイデアを発表する場だそうです。

 

ある公立中学校からの依頼で、ロスゼロは校内予選に向けたプレゼンのアドバイザーに。

 

食品ロスをテーマにした班が二組あったそうです。

 

代表はまるで母のような気分で引き受けました!

 

自分たちで作ったプレゼン資料を見ながら、はにかみつつ発表してくれました。

 

ちゃんとビジネスにもつながっていたので、素晴らしいなと。

 

プレゼン後もいろいろ質問を受けましたが

 

「400人の生徒が1年間、ロスゼロ不定期便を利用したら、どれだけ食品ロスを削減できますか」

 

というので、

 

計算式とともに「12トンです」と答えたら、

 

おおおおーと言いながらメモっていました。

 

単なる計算だけで終わるのが悲しい 、、、

 

訪問は生徒だけでしたが、実はその前に先生が一度ロスゼロ前まで実際に来られて、

 

乗る電車、降りる場所、かかる時間をしっかり確認。

 

さすが学校の授業。安心できますね。

 

将来を担っていく子供たちのお手伝いができて、ありがたいです。

 

(写真は許可を得ています)

 

教育プログラム

https://www.expo2025.or.jp/overview/education/

ジュニアEXPO《昨年》

https://www.expo2025.or.jp/overview/education/juniorexpo