『生物とSDGs 6』人間が光合成するとどうなる?



こんにちは、進です。

生物に関することを中心に記事を書いています。

よろしくお願いします。

 

みなさんは、

植物を見てこう疑問に思ったことは無いでしょうか。

 

「植物って何も食べなくてもいいの?」

 

我々は当然ですが動物であり

何かを食べていかないと生きてはいけません。

ですが植物は何かを食べて生きているイメージはありませんよね。

 

実は植物は動物のように食べ物を基本的に必要としません!

ではどうやってエネルギーを得ているのでしょうか。

 

ご存じの方も多いかもしれませんが、

植物は「光合成」というものを行っています。

光合成とは、次のような仕組みです。

 

「水+二酸化炭素⇒エネルギー+酸素」

 

水(H2O)と二酸化炭素(CO2)からエネルギーと酸素(O2)を

産み出す時に光が必要となります。

光合成をざっくり説明するとこんな感じです。

二酸化炭素を減らして酸素を産み出すってすごい環境にやさしい。

 

動物は食べ物からエネルギーを得ていますが、

代わりに植物は光合成をしてエネルギーを得ているのです。

なんというか、エコですね。

では、

人間が光合成をすれば

なんにもご飯を食べる必要がなくなるのではないでしょうか。

 

光合成をすれば温室効果ガスである二酸化炭素は減りますし、

食べ物もいらないから食料問題も解決じゃないか!

ということです。

一石二鳥どころの話じゃない。

 

しかし、

光合成は植物のみが持っている仕組みなので

そう簡単に人間が行えるモノではありません。

先ほどはざっくり説明しましたが、

当然いろいろなものが揃って初めてできることなので、

植物の細胞をヒトに埋め込んだところで真似はできません。

 

現代の技術ではこれは実現不可能ですが、

一旦すべての問題が解決したとして

人間が光合成ができると仮定します!!

 

人が光合成をする場合、

関わってくる要素は以下の3つです。

 

1.太陽から届く光のエネルギー:1㎡あたり1時間で860kcal

2.ヒトの表面積:成人男性でおよそ1.7㎡

3.光合成の変換効率(光からどれだけエネルギーを得られるか):高くて5%

 

この式から人が行う光合成のエネルギー量は

860×1.7×0.05=1時間当たり約70kcal

ちなみに成人男性の1日の消費カロリーは

2000kcalは必要です。

 

全然ダメでしたね。

夢のある仮説でしたが

結局は食べ物を食べなくてはいけなさそうです。

他にも、

こうすれば環境問題は解決するんじゃないかな

いった仮説は数多く存在します。

いつの日か問題が解決することを祈っています。

 

余談ですが、

光合成を行うためには葉緑体という緑の物質が必要です。

植物が緑なのはそのためです。

もし人が光合成を行うなら全身緑の人間にならなくちゃいけません。

それは嫌ですね…。

 

------------------------

進の「生き物シリーズ」ブログ

『生物とSDGs1』生き物をマネすることで進む社会

生物とSDGs2』生き物発電機の誕生?

生物とSDGs3』その「外来種」の認識、あってますか?

生物とSDGs 4』現代に恐竜が蘇ることはできる?

『生物とSDGs5』”絶滅”という重さ

『生物とSDGs 6』人間が光合成するとどうなる?

----------------------------

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------