私たち FoodLinks の最終活動報告 !



こんにちは!

同志社大学グローバルコミュニケーション学部

FoodLinks 代表の前川です。

私たちはSeminar Projectという授業で

1から「食品ロス削減プロジェクト」を企画し、

この1年間23名のメンバーと共に活動して参りました。

今月が最後のブログ投稿になります(;_:)

 

今回のブログでは私たちFoodLinksの

最終活動報告を行いますので

是非目を通して頂けると嬉しいです♪

 

 

  • FoodLinks発足のきっかけ

まずこのプロジェクトを発案したきっかけは

日本と世界の「食品ロス」に対する取り組みに

ギャップを感じたからです。

代表である私はカナダに留学中、

授業でフードバンクを訪れる機会があり

初めてその存在を知りました。

フードバンクとは賞味期限が近づいていたり、

善意で寄付されたりして集まった食材を

必要な人に届ける場所です。

 

他にもカナダでは飲食店で持ち帰り容器を

無料で提供してくれる為、

食べきれなかったご飯を持ち帰り、

次の日に食べるということもしばしばありました。

 

帰国後アルバイト先で毎日捨てられる食材を見て

「必要とする人に届けることができればいいのに」

「食品ロスを少しでも削減できないか」と思いました。

この経験から食品ロス削減に向けた

プロジェクトを発案し23名のメンバーと共に

「FoodLinks」としての活動が始まりました。

 

  • 活動目標

私たちの活動目標は

「食(Food)を通して学生と地域、

企業が繋がる(Links)する」こと

そして「1人でも多くの消費者の

食品ロスに対する意識を変える」ことでした。

食品ロスというとどうしても

企業の責任にしてしまいがちですが、

年間600万トンの内半分は家庭から出ている

(しかも1人あたり年間50キロ!)ことを知り、

私たち学生が情報発信することで意識を変えて

くれる人が増えるのではないかと思いました。

 

  • 活動内容

①株式会社ロスゼロ代表 文美月様による講義

まず最初にメンバー一同食品ロスに関する

知識を付けるために株式会社ロスゼロの代表

文美月さんに特別講義を行っていただきました!

食品ロスに関する知識はもちろん、

ロスゼロが行っている事業についても

たくさん教えて頂きました。またプロジェクトの

方向性について相談したところ、

「学生なら第3者を巻き込んで

もっと大きな事ができるよ!」と

文さんに背中を押して頂きました。

 

②カンナチュール、うつみ農園との商品販売

文さんのアドバイスをもとに

沢山の企業様に1からコンタクトを取り、

協力をお願いしました。

そこで快くOKしてくださったのが

株式会社H&Wの自然派缶詰カンナチュールさんです!

1つ1つ手詰めで小ロット生産をしている為、

規格外野菜や端材を用いた缶詰も取り扱っています。

私たちは見た目が悪いだけで捨てられてしまう

規格外野菜に関心があった為、

カンナチュールさんの取り組みに感銘を受けました。

その後担当者の方に京都山科のうつみ農園さんを

ご紹介頂きました。

 

大学と同じ京都ということもあり、始めは

「一緒に規格外野菜を使った商品開発をしましょう!」

という話にもなりましたが、

時間やコロナ禍であまり打合せができず

実現には至りませんでした。

ただ「食品ロスの現状を多くの人に伝えたい」

という思いは同じだったので、

カンナチュールさんとうつみ農園さんが

既に一緒に販売している3種類の商品の

リパッケージをさせて頂けることになりました!

前回のブログでパッケージ画像や各催事での

販売の様子も紹介しているので是非ご覧ください♪

また12月4日の京都新聞

(クリックすると記事画像が見れます)にも

私たちの販売活動が取り上げられました!

 

③中学校への食育

FoodLinksのもう1つの活動として

「中学生を対象とした食育」も行いました。

食品ロスの現状を伝える「フードロス新聞」や

Youtube動画を作成しました。

京都市教育委員会後援の下、同志社中学校の

学生に向けた「食品ロス啓発セミナー」を

Zoom上で開催したり、中学生に向けた

「食品ロスコンテスト」を行い、

標語やポスターを募集しました。その他に

「ヒューマンアカデミー日本語学校 心斎橋校」でも

対面/オンラインで食品ロス啓発セミナーを開催しました。

予想を上回る数の中学生と食品ロスについて

話すことができてとても嬉しかったです!

授業でSDGsについて学んでいる中学生も居て、

関心度の高さに感動しました。

 

【  感 想  】

約1年間「FoodLinks」として活動してきましたが、

私たちの目標であった「食(Food)を通して

学生と地域、企業が繋がる(Links)する」こと

そして「1人でも多くの消費者の

食品ロスに対する意識を変える」ことを達成できたと

身をもって感じています。

まず食品ロス削減という共通のテーマを通じて

私たち学生と、当ブログを運営する

株式会社ロスゼロ様を始め

様々な企業様と繋がることができました。

無印良品山科店、Good Nature Station、

阪神梅田本店、大丸京都店で私たちの活動を

発信できるとは正直思っていませんでしたが、

沢山の方々の協力があって実現することができました。

コロナ禍でありながらもお客様に

直接お話することができてとても光栄でしたし、

SNSを通じてよりもやはり

「直接」伝えることに意味があったと思います。

学生だからと足を止めてくれるお客様も

多くいらっしゃったので

私たち「FoodLinks」が発信することで

より多くの消費者の食品ロスに対する意識を変える

きっかけになれたと感じました。

またセミナーを通して

これからの未来を担う中学生にも食品ロスの現状や

今自分たちにできることを伝えることができました。

食品ロス削減は企業努力だけでは達成できず、

私たち消費者の努力が必要になってきます。

消費期限の近い「てまえどり」に協力する、

野菜は根も葉も食べるなどできる範囲で

食品ロス削減に貢献しませんか?

もちろん今回販売した規格外野菜を用いた

商品を購入することでも貢献できます!

今回私たちのメッセージを届けたみなさんが、

ご家族やご友人に伝えてくれることで

更に多くの人々に届いていることを願います★

私たちもこれから消費者として

自分たちが伝えてきたことを実行致します。

また来年度のSeminar Projectでも現3年生が

「FoodLinks」の名前を引き継いで

食品ロス削減に貢献できるような

プロジェクトをする予定です♪

またどこかで「FoodLinks」という名前を見かけたら

是非彼らのお話を聞いてあげてください!

毎月ブログをご覧になってくださったみなさん、

掲載してくださったロスゼロ様に

心より感謝申し上げます!

 

ありがとうございました!!

 

同志社大学

グローバルコミュニケーション学部4年 FoodLinks

 

今日までのブログ投稿 -------------------------

【4】12/7 イベントから知ってもらいたい身近なSDGs

フードロスイベントから知ってもらいたい身近なSDGs

【3】10/1 農家さんのフードロス対策

農家さんのフードロス対策

【2】8/18 実際に試せる食品ロス削減レシピ!

実際に試せる食品ロス削減レシピ!

【1】7/28 学生目線で見た子ども食堂の課題と現状

学生目線で見た子ども食堂の課題と現状

 

 

----------------------------

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------