【ご報告】ロスゼロストア。3週間の食品ロス削減実績



こんにちは、前川です。

 

3月17日~30日 大丸心斎橋店

24日~29日 そごう横浜店

31日~4月6日 大丸神戸店

 

この3店舗で展開してきた、ロスゼロストア

 

今回、この期間に削減できた食品は全部で

 

な、なんと!

 

約24,000点

 

 

集計は、販売単位ですので、1箱や1袋の単位です。

パクっと食べていただける単位で計算すると、数十倍の量です。

本当にたくさんの食品を

たくさんのお客様と食品ロスから救い出すことが

できました。

 

ありがとうございました。

 

 

今回集まってきた食品たちのロスの理由を簡単にまとめておきます。

 

・環境客減少による、おみやげ物のロス

・バレンタイン・ホワイトデー終了に伴い行き場を失ったチョコレートやクッキー

・多くの食品を取り扱う工場から発生した、規格外スイーツ

・箱破れなどの理由で正規販売ができなくなった食材

・まだしっかり食べられる賞味期限を残しつつ、3分の1ルールにより、小売店に納品できなくなった食品

・海外輸入食品のため、返品できない

・規格変更により、旧規格の商品

 

この理由のほとんどが、賞味期限をたっぷり残していながら

販売機会を無くなってしまったものばかり。

 

食品ロスになる理由は、賞味期限だけではないと、たくさんのお客様に

お伝えしました。

 

 

これからも、このもったいない食品たちを少しでもたくさん

減らしていきたいと思います。

 

 

ご来店いただいたみなさん、ありがとうございました。