Menu

コロナウィルスによる飲食業界への影響

0 Comment


こんにちは、山口です。

このブログは3月11日に書いています。

 

流行している、新型コロナウィルス。

前回は~給食編~をお届けしましたが

今回は飲食業界への影響です。

 

影響は様々なところへ広がっており、

スターバックスは中国の店舗2,0000店以上を閉店とし

マクドナルドやケンタッキーフライドチキンも

中国に出店している店舗の一部を

一時的に閉店すると発表しました。

 

中国からの完全撤退を実行したお店もあります。

 

居酒屋のチェーン店”ワタミ”は、

中国に出店していた全7店を閉店し、

中国から撤退することを発表しました。(時期は現在調整中)

新型コロナウイルスの影響拡大。国・地方自治体で飲食店を支援する動きも

 

テレビや新聞では「売上が減った」「集客が伸びない」

といった言葉が聞こえています。

 

日本全国の飲食店で2月6日~2月13日の一週間で

調査したこんなデータがあります。✍

 

コロナウィルスの影響は今後も含めると、

「大きな影響が出ている」(31.0%)

「多少の影響が出ている」(20.0%)

→すでに2月上旬で半分以上の飲食店が影響が出ている

 

「今後多少影響が出そうだ」(20.0%)という意見を含めると

7割強の飲食店が影響が出ることが分かりました。

 

また客層で見てみると

「外国人の客数が減少した」(50.3%)

「日本人の客数が減少した」(40.6%)

と答えています。

(飲食店を対象に新型コロナウイルスについての実態調査/クックビズ)

 

一年を通して日本を訪れる外国の観光客の1位は中国人。

しかし、大いに観光客が望める旧正月

(今年は1月24日から1月30日まで)の時期と,

コロナウィルスの発生が重なり

すでに中国からの観光客も減少し始めていました。

(旅行客について調べる/日本政府観光局)

 

このデータは国からの休校要請🏫や

韓国、中国の渡航禁止🛩を行う前のなので

飲食店のお客さんは今ではさらに減少していると予測できます。

 

実際のところ3月3日時点では外国からの観光客の割合は

10%程にまで少なくなっています。😲

(新型肺炎で飲食店のキャンセル急増!知られざる「窮状と対策」事情)

 

新型コロナウィルスの影響でインバウンド市場は

全国で6,244億円減少すると予想されます。(2月22日時点)

 

関西(2府4県)では1,905億円の減少

・大阪936億円

・京都590億円

この2つの県で関西全体の8割を占めます。

関東(1都6県)では2,181億円の影響が出ると考えられます。

 

私は関西に住んでいるので、大阪や京都にはよく遊びに行きますが、

心斎橋(大阪)や京都の観光地など、

「日本人より海外の人が多いのでは⁉」

という印象を受けていましたが、

最近は町を歩いていても海外の方だけでなく

日本人も以前より少なくなったように思います。

 

新型コロナウイルスの影響で関西全体の

観光業界における経済減少額1,905億円のうち、

物販40%、

宿泊27%、

飲食においては21%の割合を占めるといわれています。

(新型肺炎がインバウンド市場に与える影響)

 

飲食店も対策として店員のマスク着用や、消毒液の設置等ありますが

”おもてなし”の1つとして着物での接客をしているお店では、

マスクをすることでお客様にがっかりさせる印象をあたえたり、

お客様への敬意が欠けないかと

マスク着用に踏み込めていないお店もあるようです。

 

飲食店は料理だけでなく、

接客をはじめとして、いつもとは違った雰囲気🍃や

贅沢感✨を楽しめる場所でもあるため

衛生面を保ちながらもお店の雰囲気をどのように守るか

頭を悩ませているのです🤔

しかし悪いニュースだけではありません、

いいニュースもあります😊

人々の消費行動を見てみましょう!👀

外に出ず、家の中で消費する「巣ごもり消費」の傾向が強まっています。

 

<某大手百貨店>

実店舗での売り上げ減少分が、

高島屋ネット通販へシフトしたことにより、通販部門は

・バレンタインデーの商品が前年の8割超増加の注文

・ホワイトデー商品は2割増加注文

 

<宅配ピザ>

・新型肺炎の影響だけで前年の5%増加注文

 

季節商品以外にもトイレットペーパーなどの日用品の通販や、

飲食店の出前なども増加傾向にあります。

 

りそな総研の関係者は

「学校の休校や企業のテレワーク(在宅勤務)によって

自宅で飲食をする人が多くなることで

さらに拍車をかけるだろう」と話しています。

(新型肺炎 広がる“巣ごもり消費” 通販・出前で感リスク回避

 

飲食店でも宅配やお持ちかえりを始めるお店も増えています。

 

消費者である私たちもお店側の大変さを知るることは大切ですね。

この状況だからこそみんなで優しい気持ち💕で乗り切りたいです😊

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

  また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------