Menu

今の状況を繋ぐ ~高校生ライターの感じる今~

0 Comment


こんにちは。今月までぎりぎり高校生ライターの田中です。

 

誰もがご存じのように今、

日本中がコロナウイルスと戦っています。

 

命を落としてしまう危険性もありますので、

予防を徹底して心がけたいと思っています。

みなさんもお気を付けてください。

 

今回は、ニュースやTwitterで目にした、

今だから増えてしまう

食品ロスについて私の提案を書かせて頂きます。

 

⑴予想外

 

飲食店だけではありません。

今は感染の防止により外に出る人が減り、

イベント中止など予定されていた事がなくなったり、、、。

 

楽しみにしていた人は悲しく、

お店側には経済的な影響が出ています。

私が行ったお花屋さんでは、

臨時休校により

 

「今の時期は卒業式やお別れ会などで

一番忙しい時期のはずが厳しい状態です」

 

と話されていました。

流れるニュースでやはり私は、

 

臨時休校により給食がなくなってしまった事で

 

・食材の行先に困っている人がいること

お客さんの減少で食材が余ってしまっている

 

ことに目も耳も引き寄せられました。

 

”売れずに困る生産者、

 

自然と購入が減る消費者、

 

どうすることもできない食材”

 

⑵提案!&オススメ!

TABETEアプリの活用

 

本来、飲食店さんが今日中に消費したい食材が

多く余ってしまっている時などに、

他店に使っていただけないか投稿をして

「協力」して食品ロスを減らすためのアプリです!

(現在 関東近郊・石川・静岡・愛知・大阪などで展開しています)

 

このアプリをダウンロードしていれば投稿しなくとも、

提供しているお店がわかるわけですから

お客さん側も購入できる。

いま現在、

家で過ごす時間が多くなっている人が増え、

外食を避ける人も多いと考えます。

ということは、家で料理をする人も増える!

スーパーに買い物にいくような感覚で、

TABETEで見つけたお店に行く事で

困っている人のチカラに少しでもなれるかもしれません。

 

食材の提供をお仕事としている皆様も、

そうでない方も

TABETEを活用することをおススメします! 

⑶さいごに

 

コロナウイルスによって様々な変化があり、

マスク不足やトイレットペーパーまで、、、。

不安により、必要以上に多く買い占めてしまうのでしょう。

 

危機になると誰だって急に慌てます。

 

そして、いつも以上に

周りより自分や自分の身近な人

だけしか見えなくなります。

 

もちろん、自分自身を大切にしていて欲しいです。

 

ですが、「協力」ということを

どんな時も忘れずにいて欲しいと願います。

 

何事も実際にその時にならないと

わからないことばかりです。

 

毎日が危機の人だっています。

 

自分がどんなに恵まれているか

コロナウイルスの事があり、改めて実感しています。

 

はやく安心して皆さんが生活できるような状態になりますように。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

----------------------------

 ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通じ、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

  また、ロスゼロはSDGs12番「つくる責任・つかう責任」を

メインとして取り組んでいます。

----------------------------