Menu

製造・加工段階で発生する食品ロスを救う企業!

0 Comment


こんにちは、ウェブ担当 前川です

 

 今回は、食品製造・加工段階で発生する食品ロス

に取り組む企業をご紹介します。

 

製造段階で発生する食品ロスとは、

食品製造メーカーさんが、製造する過程で

商品が割れた・欠けた

容器への充填量不足になってしまった

パッケージが傷ついた

販売基準に満たない、規格外になった商品になります。

どうしても製造上、規格に達しない商品が発生することは

避けられません。

 

食品メーカーさんは、規格外の商品を自社内で社内販売にしたり、

アウトレット商品として、一般の方にも購入をしてもらったりなど、

少しでも食品ロスにならないように工夫されています。

 

実は私たちロスゼロは、そんな食品メーカーさんで発生する

食品ロス予備軍となった

問題なく食べられるもったいない商品を

皆様にお届けするお手伝いをしている企業です。

ご存知ですよね(^^

 

そこで今回は、視点を変えて、

そもそも廃棄予備軍となってしまっていた食材を使って、

違う商品に製造・加工している企業を紹介したいと思います。

作り変えることによって廃棄される食品を減らす、

新しい発想で、明るく食品ロス削減に取り組んでいる企業です。

 

HenoHeno

ロスになるはずだった100%国産無添加

一級品果物を特殊冷凍しオフィスにお届け。

オフィスでの運用や商品管理などはすべてHenoHenoが行うため、

お客様の導入は簡単。

価格もリーズナブルです。

運営会社~デイブレイク株式会社(東京都)~

 

 

VEGHEET

規格外野菜を活用し、野菜と寒天のみを使い

「ベジート」に加工・販売しています。

化学調味料・合成着色料・合成保存料は一切使用せず。

安心して食べることができます。

レシピも案内しており、食べることも楽しくなるアイデアが満載です。

運営会社~株式会社アイル(長崎県)~

 

FOOD TEXTILE

廃棄される野菜や食材を染料として使い、

天然素材のハウスリネンを染色しています。

染色した生地をTシャツやトートバック、エプロン等に加工。

ファッション業界から食品廃棄物を再活性しています。

染料が食品のため、やさしい色合いの製品に仕上がっています。

運営会社~豊島株式会社(愛知県)~

 

 

Mizuiro

小さなお子様が誤って口に入れも心配ない、

おやさいクレヨンを開発しています。

廃棄野菜を使って10色の色を出し、

それぞれの野菜の名前をクレヨンの色の名前にしています。

おやさいクレヨン以外にも、

おはなクレヨン・おやさいねんどなども取り扱っています。

運営会社~mizuiro株式会社(青森県)~

 

 

食べて食品ロスを減らすだけではなく、

全く違うものに形を変えるという考え方はとても参考になります。

 

そして、食べ物が原料であることにより、

安心安全に使えるという、別の価値が生まれています。

 

廃棄されるものを質の高いものに生まれ変わらせるアイデアが

これからもどんどん増えてくると、それも楽しいなぁと

思うロスゼロ前川でした。

 

新しいアイデァが生まれたら、私にこっそり教えてください(^^

 

 

次回は

食品卸・小売り段階で発生する食品ロス

の対策に特化している企業をご紹介します 

 

------------------------

生産段階で起こるロスを救う企業

食品卸・小売り段階で発生する食品ロスを救う企業!

・外食産業の段階でおこる食品ロスを救う企業!

 

フードバンク・フードドライブの違い

 

 

----------------------------

 

ロスゼロは、食品加工メーカーで様々な原因によって発生する

食品ロス予備軍を直接消費者や企業につなげ

食品ロス(フードロス)の削減を目指す通販サイトです。

 

日本に溢れる「もったいない」を

ネット通販を通して、より気軽に、よりポジティブに削減し、

次の笑顔へつなげる取り組みを行っています。

 

食品ロス(フードロス)・食品廃棄の削減をビジネスとして

成立させている独自の取組が評価され、行政機関における

事例としても取り上げられています。

 

また、ロスゼロはSDGsにも取り組んでいます。

 

----------------------------