ロスゼロ不定期便が日本サブスク大賞2022特別賞を受賞しました



 

ロスゼロのサブスクサービス

「ロスゼロ不定期便」が

 

一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会

(以下:サブスク振興会)が主催する、

日本サブスクリプションビジネス大賞2022』にて、

特別賞を受賞しました!

 

 

『日本サブスクリプションビジネス大賞2022』とは

 

サブスク振興会が日本のサブスクリプションサービスの

さらなる活性化を目指して、

優れたサブスクリプションサービスを

年に一度表彰しています。

 

今回は140社を超えるエントリーの中から

『お得』『悩み解決』『便利』『新規性』『成長性』『安全性』

の6要素で審査されました。

 

 日本サブスクリプションビジネス大賞ホームページ 

https://subscription-japan.com/award/

 

 

 

いつ、何が、どれだけ発生するのか分からない」のが食品ロス。

 

その特色をポジティブに活かし、

「何が送られてくるかわからないワクワク福袋」の感覚で

ユーザーに楽しんでもらえる定期購入サービスが

『ロスゼロ不定期便』です!

 

ロスゼロ不定期便HP: https://www.losszero.jp/shopdetail/000000000354

 

想いのこもった美味しい食品を最後まで食べてほしい「食品メーカー」と

おトクに美味しく社会貢献がしたい「ユーザー」、

そして地球環境まで、

みんながハッピーになる消費スタイルを実現しています!

 

なお同サービスは日本国内における

「食品ロスを防ぐ福袋」として

初のサブスクリプションです(2021年11月当社調べ)。

 

 

ロスゼロ不定期便は2021年11月からサービス提供を開始し、

 

ユーザー数は約2500名、

行先をなくした食品14万点超、累計約35トン

 

お客様へ届けられました!

 

また、総額7100万円相当の食品が

社会に活かされたことになります。

 

お届けする食品のうち、

賞味期限が2週間以下の食品は約5~10%程度で、

4週間以上の賞味期限の食品が過半数を占めています。

 

賞味期限を長く残したまま、ロスになってしまう原因として、

「3分の1ルール(※)」が関係しています。

※ 食品の納入期限を賞味期限の3分の1以内とする流通・小売業界特有の商習慣

 

その他に、時期が過ぎてしまったイベント商品や、

製造過程の規格外商品など、

まだ美味しく安心して食べられるのにロスになってしまう、

もったいない食品をお届けしています。

 

 

これからもロスゼロは、

みなさんと一緒に楽しく美味しく食品ロスを解決できるように、

邁進してまいります!

投稿者プロフィール

広報:中角
広報:中角
関西学院大学総合政策学部卒業。
カンボジアの現地企業にて、ゼロウェイスト関連の仕事に従事したのち、ロスゼロの広報担当として社内のことやSDGsについて発信しています。
趣味は犬と戯れること。

----------【監修者:文 美月】----------

株式会社ロスゼロ 代表取締役
大学卒業後、金融機関・結婚・出産を経て2001年起業。ヘアアクセサリーECで約450万点を販売したのち、リユースにも注力。途上国10か国への寄贈、職業支援を行う。「もったいないものを活かす」リユース経験を活かし、2018年ロスゼロを開始。趣味は長風呂。